« 本澤二郎の「日本の風景」(4903) | トップページ | 本澤二郎の「日本の風景」(4905) »

2023年8月24日 (木)

本澤二郎の「日本の風景」(4904)

本澤二郎の「日本の風景」(4904)

<藤原・日本のゾンビ地獄「本澤二郎あとがき」>

  国際派ジャーナリストの第一人者・藤原肇さんの好企画本に拙文も載せてくれるという機会を、このほど手にした。今の日本は、清和会の森喜朗の「神道・神の国」内閣以来、A級戦犯・岸信介らが永田町を徘徊するようになった!まぎれもない事実である。岸が画策した、民意が反映しない選挙制度のもとで、改憲軍拡と原発推進の先で、秘かな核兵器開発計画が直進している。右も左も真っ暗闇の日本だ。

  日本の民主主義の象徴である日本国憲法が、戦前の国家神道と財閥、そして台頭した軍閥が、神道ムラ社会をよいことにとことん冒涜されている。平和憲法は、息も絶え絶えだ。このまま地獄に突っ込んでいくのか。

  他方で、アベノミクスによる異次元の金融緩和という円刷りまくり作戦が10年以上も継続し、比例して物価の急騰を招き、国民は泣かされっぱなしで、民衆は外国にも行けなくなっている。財閥など株屋は莫大な利益を上げているが、これは安倍晋三の策略だ。財閥の内部留保は500兆円を軽く超えている。

  問題のコロナウィルスは、米国製の生物兵器であることも分かってきたようだが、日本はそのためだというワクチンをそれを大量買いして国民に打ちまくった。結果、老人だけでなく若者・子供まで命を奪われている。地球の北方では、NATOを率いるワシントンが、ロシアを追い詰めて、ロシア・プーチンの手が核のボタンに近づいている。日本はというと、原発マフィアに支配された岸田内閣が、そこに掉さして43兆円という軍事費を投入し、台湾有事を引き起こそうと「死の商人」が躍起となっている。東アジアの火薬庫にする謀略だろう。

  民主主義の危機とは、人権のみならず人々の命を奪いかねない状態に置かれている日本そのものから来ている。子供や孫に男子のいる家庭は、歴史を知る日本人家庭では、本気で恐怖に震え上がっている。まさに戦前の日本そのものだから、ゾンビ地獄を象徴して余りあろう。

  愚かすぎる為政者群の下で、命を育んでくれる地球が崩壊寸前の「死に体」。北極・南極の氷塊が溶けて流れ出して、人間の住む大地を呑み込んでいる。イギリスの産業革命の行き着いた先が、目下の地球破壊そのものである。地球温暖化と気候変動による地球をどう救済するのか?人類に課せられた喫緊の課題である。

 にもかかわらず、悪魔に魅入られたような為政者は、誰ひとり目を覚まそうとしていない。地球や人類の悲劇に目を向ける為政者はいない。「死の商人」に人間の心はない。

  日本人もそうだが、人類は、あげて決起して、地球との共存どころか、地球によって生きているという生々しい現実に目覚め、悪の人間と悪の科学を撲滅する戦いに立ち上がらねばなるまい。

  311の東電福島原発の大爆発炎上による放射性汚染水・猛毒トリチウム汚染水の海洋投棄など、地球と人類の名において断固として止める義務がある。原発も核兵器もいらない!あってはならない日本国憲法を、繰り返し国際社会に発信する日本政府を、日本国民の底力で誕生しなければならない。

2023年8月6日記 木更津市の埴生の宿にて

(追記)猛毒トリチウム汚染水垂れ流しに抵抗して、今は冷凍ものの「バルト海のイワシ」をたんぱく源にしている。安いし、フライパンでうまく焼き上げることができる。野菜は自家菜園でとれる無農薬の苦瓜とオクラ。無理して納豆に生卵を掛けて、これもたんぱく源にしている。間もなく新米の季節だ。寿司や刺身は遠慮して、大金持ちの原子力マフィアにゆだねるしかないか。清和会の西村経産相の大量買いも注目される。9月の人事で岸田内閣は、内外の世論に叩かれて解散どころではない。ここが野党の好機である。解散に追い込んで自公維を包囲すれば、政権交代も夢ではなくなる。小沢一郎政治家最後の最後の決戦が待ち構えている。スズメバチに刺されたが、何とか持ちこたえた。築50年の自宅にハチも住み家にしたいらしい。藤原さんの本はAmazonの無料電子書籍という。暇な人は開いてみてはどうか。筆者はまだ手が届かない。彼は以下に面白い木原事件の動画を送信してきた!

https://www.youtube.com/watch?v=cnyGkOI9mwcH

 

本澤さま

木原が売春宿で使っていた偽名の北中についての面白い情報があったので送りました。木原が岸田を如何に軽蔑していたかが成程と分かりました。

 

【週刊文春第6弾】夜の常連客:木原誠二氏:コードネームは『NAKAKITA』その意味がヤバすぎる・・・Z氏がホシなのか?報道系放送作家が解説!

#チャンネル登録お願いします ※今回参考にした資料※ 木原誠二官房副長官は違法風俗の常連! https://bunshun.jp/denshiban/articles/b6608 このチャンネルは日本人が知るべき日々の出来事や世の中の不思議を 報道系放送作家がわかりやすく伝えるニュースエンタメ ...

« 本澤二郎の「日本の風景」(4903) | トップページ | 本澤二郎の「日本の風景」(4905) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本澤二郎の「日本の風景」(4903) | トップページ | 本澤二郎の「日本の風景」(4905) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ