« 本澤二郎の「日本の風景」(4879) | トップページ | 本澤二郎の「日本の風景」(4881) »

2023年7月30日 (日)

本澤二郎の「日本の風景」(4880)

本澤二郎の「日本の風景」(4880)

<「スマホにもウイルス」アプリが消えて広告が次々=使用不能>

 これまでも政府や電通サイドからの、パソコン記事に対する横やりを何度も体験させられてきた凡人ジャーナリスト。「スマホは大丈夫か」というと、どうもこちらも危ない。「いまはガラケー携帯の時代ではない。スマホにしたら」との周囲からの誘いに応えて、2年ほど前からスマホを始めた。といっても、自己流だから知り合いとのやり取りが中心。便利さを使えない世代だから、意外と高い料金を支払わされている。「少し高すぎる」と指摘されても、対応できないので聞き置くしかない。

 

 そのスマホが、10日ほど前に異変が生じた。アプリが消えて姿を見せない。こちらから友人らに電話をすることができない。たまにアプリが表示されても、変な広告が次から次と出てきて、電話をかけることも出来ない。要するに使用不能のスマホになってしまった。

 あまりにも不便だ。仕方なく、購入先のケーズデンキのドコモに押しかけた。すると、そこの担当者は、指さしながら「故障は隣です」という。売ったら関係ない、というのだ。冷たいご時世にうんざりである。修理専門と思われる方にスマホを見せると「ウイルスが沢山入っている。消すには大金がかかりますよ」と脅かしてきた。

 スマホも詐欺まがいの商法なのか、と仰天。イラつきながらケーズデンキを後にして、ドコモ店に押しかけた。幸い、来客が少ない。事情を説明すると、10分ほどで「なおりました」と。大金をせしめられると覚悟していたが、無料で安堵。プロなら簡単な作業だった。無知な人間はドコモに感謝。

 ケーズデンキの修理屋は詐欺師だったのか。

 

<ケーズデンキの購入先=故障は隣=高額示す>

 以前は東京・大井町駅前のヤマダ電機を利用していた。「山田は創価学会」と教えられ、以来、ケーズデンキに愛着を持っていたのだが、次はどこに行くべきか?

 当初はauのガラケーを長く使用してきた。電波機能がよいためだった。ところが、外国に出かけているうちに支払い期間を過ぎてしまったらしい。auは断固として契約解約。事情を説明してもダメだった。公共の電波を使用していながら、この高圧的な態度に怒り心頭、しばらく携帯電話をやめてしまった。

 携帯抜きの生活に切り替えたが、やはり仕事柄、携帯は必要だ。やむなくauからドコモに切り替えた。素人だから契約内容がよくないのか、値段が高い。進んで電話をかけずに、相手からの受信専門にしたのだが。

 問題は、強引に電話番号を変えられたマイナスが大きい。多くの友人らとの関係が切れてしまった。ジャーナリストにとって大変な損失である。既に亡くなっているが、いまもauの稲盛嫌いの人間になってしまった。ともあれ、こうしてスマホに切り替えたのだが、使用料金は依然として高い。そしてとうとうスマホ機能を喪失して購入先のケーズデンキのドコモ販売店に押しかけたという次第。

 知り合いは「ガラケーに戻しては」と言ってくれたが、安直にそうも出来ない。携帯電話は時に人生を狂わせる。大事な友人との関係を切ることになるのだから。仕事柄多くの人たちとの交流記録が、いわば財産なのだ。

 

<「言論統制は始まっている!」は本当>

 安倍のフクシマ放射能嘘発言とIOC買収事件、それよりも東北復興優先などから、東京五輪に開催大義はない。中止記事を流すとライブドアblogが消された。明かな言論弾圧だ。この瞬間にも記事が消える!

 ジャーナリストの使命は権力を監視することである。そして戦争させない、これがもっとも重要な使命である。議会も政府も信用されない翼賛体制だから、言論人の使命は格別に重い。

 反対に悪徳の政府与党は、言論界の監視を強めることになる。言論と権力は対立する関係にある。しかしながら、言論界に「今だけカネだけ」の編集者が少なくない。言論統制は行われている。

 

 パソコンで文字を打っていると、突然、数行の文字が消える。何度も経験した。ということは、当局があらゆる手段を用いて反骨ジャーナリストを抑圧監視している証拠だ。あるいは書いた記事にコメントで反撃してくる。むろん、無視するのだが、相手も商売だ。ハエのようにうるさい。まともな人間であれば、実名で正体を明かしたうえでないと目を通す価値などない。

 日本の言論統制は間違いないだろう。民主主義の危機である。

2023年7月30日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

言論統制が始まっている!八千代市の友人から送信

https://m.youtube.com/watch?v=mUvwJA6GX-g&feature=share&fbclid=IwAR0NFXYMyfk5iFe_J9YKvPamGG0sGJAlH4g5MGg_Pf24iGY47L9cPkc4QQk

« 本澤二郎の「日本の風景」(4879) | トップページ | 本澤二郎の「日本の風景」(4881) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本澤二郎の「日本の風景」(4879) | トップページ | 本澤二郎の「日本の風景」(4881) »

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ