« 本澤二郎の「日本の風景」(47639 | トップページ | 本澤二郎の「日本の風景」(4765) »

2023年4月 4日 (火)

本澤二郎の「日本の風景」(4764)

本澤二郎の「日本の風景」(4764)

<最新の島津洋一レポート発見=武漢コロナは安倍戦略?>


 あなたは科学者を盲信できるか?医学者や獣医学者はどうか。いずれもNOである。日系アメリカ人の元ジャパン・タイムズ記者の鋭すぎる英文レポートを触ると、腰を抜かすような恐ろしい事実に驚愕、しばらく冷静に判断してゆくと「さもありなん」と納得する。島津洋一レポートは第一級の調査報道でもある。

 「武漢コロナウイルスは日本人科学者が作った生物兵器」だと断罪している。その前には麻原彰晃のオウム真理教の黒幕を暴いていた。既に日米中の情報機関は察知している。安倍の周辺は、各国の諜報機関が監視していたのであろう。そして銃撃事件は起きた!この島津洋一レポートは、反骨ジャーナリストの大沼安史のツイッターで翻訳・解説されて、日本国内に発信されていた。そのことを知ったのは、フクシマの幼い子供たちの命を救おうとして闘っていた、これまた命知らずの竹野内真理と一時、連絡が取れたお陰で大沼のすごい報道力を知らされた。

 

 

 原子力ムラの恐ろしい実態は、もんじゅ西村謀殺事件で知ったのだが、彼らは抵抗する報道人・学者らの命を奪う。全てを闇に葬ってきた。大沼も2022年6月に不審死している。竹野内も不可解な刑事告訴を受けている。筆者もやや似たような事件に遭遇したことから、原子力ムラという闇の巨大組織にたじろぐばかりだ。

 

 

(書いている途中で文章が消える=監視されながらの記事か。これまでも何度も経験してきたのだが、防御の方法を知らない筆者)

 ともあれ大沼による島津レポートの中身を簡潔に分かりやすく翻訳し解説、それをツイッターで発信してくれたことで、筆者も目から鱗が落ちた。

 

 

<腰を抜かすような真相報告と大沼の不審死>

 日本にも大沼のような正義と勇気のジャーナリストが存在したことに感謝したい。日本最大の公害で知られる足尾鉱毒事件報道で圧倒する報道力を発揮した、日本人女性初の明治大正期の反骨ジャーナリスト・松本英子を思い起こす。

 島津は、加計学園の獣医学部に新型コロナウイルスを作った日本人学者がいるというところまでも調べ上げている。真にすごい事件だ。本文には日本人獣医学者の固有名詞まで出ている。安倍が加計学園にこだわった理由と、そのことに奔走した萩生田光一の正体も見えてくる。安倍と森喜朗と萩生田も、この事件に関与しているのであろう。

 

 

<世界各国は島津レポートを知っている!=中国批判なし>

 島津洋一レポートは各国政府に送られている。安倍による60兆円バラマキ効果で口を封じているのであろうが、この驚愕すべき大事件は間もなく開封されるだろう。米トランプの活動と支援する米国統一教会の奮戦の行方も注視する必要がある。

 注目すべきは、武漢ウイルスを徹底的に批判する動きは見られない。知らないのは日本人ばかりか。

2023年4月4日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

 

2020-02-16

【武漢コロナウイルス/島津レポート6(2020/02/12付)&7(13付))】◇ 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さん ◆ さらなる調査で、日本の狂信主義(ファナティズム)が今回の悲劇(新型コロナウイルス禍)の主たる動因と判明/
中国は虎の子を締め上げる大蛇のように、死すべき運命にある彼らの敵、安倍晋三を対する圧力を増大させるだろう。日本民衆は彼を除去できてほんとうに喜びを爆発させることになるだろう

 ⇒  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/02/post-180e59.html

    ★ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/01/post-435e0d.html

 

 ・2020-02-09 【武漢コロナウイルス/島津レポート5(2020/02/06付)】◇ 元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新しい「コロナ・レポート」:「武漢コロナウイルスが日本人科学者がつくったHIV(エイズ)/Flu(インフル)キメラ(怪物)を基にした生物兵器であることに今や何の秘密もない」/
米当局の疑念が向けれられ始めると、「米ウィスコンシン大
の日本人科学者(原文実名)は
2016年、米当局が疑惑の目を向け始めると、米ウィスコンシン大から東大、北大、加計獣医学部に移した」

 ⇒  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/02/post-bb133f.html

 

          ★ ・2020-02-05【武漢コロナウイルス/島津レポート4(2020/02/02付)】元ジャパンタイムズ・ウイークリー編集長、島津洋一さんが新レポートで「武漢コロナウイルスは日本製(Made
in
Japan
)」と明言し、西側デモクラシー諸国に対して、安倍首相の辞任と東京五輪中止を含む懲罰を要求 / 日本政府部内の高官スポンサー及び関係した大企業も刑事訴追され、裁判/処罰を受けるべきと。★ 英語による島津レポートはすでに国際社会の政府・軍・衛生関係者らの知るところでしょう。

 ⇒  http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2020/02/post-3be1e2.html

 

 

コロナ対策安倍政権〜岸田

https://jisin.jp/domestic/2190775/

ワクチン追加接種推奨せずWHO

https://news.yahoo.co.jp/articles/85c8571342ca26d979ac7c6364d1e0a29429aa6b

ワクチン死亡の因果関係

https://www.facebook.com/100002497535520/posts/5980730562020136/?mibextid=rS40aB7S9Ucbxw6v

(114)
映画『妖怪の孫』公開記念
今なお蔓延る妖怪の魔の手 大激論スペシャル
-
YouTube



 

« 本澤二郎の「日本の風景」(47639 | トップページ | 本澤二郎の「日本の風景」(4765) »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本澤二郎の「日本の風景」(47639 | トップページ | 本澤二郎の「日本の風景」(4765) »

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ