« 2023年2月南房ドライブ<本澤二郎の「日本の風景」(4719) | トップページ | 日本の非戦論の鎖は朽ちず<本澤二郎の「日本の風景」(4721) »

2023年2月20日 (月)

初めて知る三浦瑠璃<本澤二郎の「日本の風景」(4720)

初めて知る三浦瑠璃<本澤二郎の「日本の風景」(4720)

<「東京地検特捜部に狙われている菅義偉」と元朝日記者情報>

 正体が暴かれてきたNHK党や参政党などに興味も関心を持たない人間だからというわけではないが、息子が持ち込んだ大型テレビを廃品回収業者に

持って行ってもらい、なんとなく清々した気分になって大分経つ。したがって三浦瑠璃がどうのこうのと言われてもピンとこない。第一杉田水脈という政府高官がいたという悲劇的な事実も、ようやく認識できるようになった。笑われそうだが、目下の統一教会と神社本庁による極右カルト教団と背後の財閥についての本筋は、誰よりも見極めているつもりである。国家主義台頭の今だ!

 

 政教分離という歴史の教訓から手にした日本国憲法を、日本国民はしっかりと理解し、そのことを投票行動で実行する責任と義務を負っている。

 

 そこで最近になって話題の女性タレント「学者」を、自民党政治に参画してきた友人が、ひどく下らない人間だと評価していたことを思い出した。本日貼り付けた、友人が送ってきたYoutube動画を見てよく理解した。テレビを見ない凡人ジャーナリストは、このYoutube動画を見るようになったが、情報操作を狙う悪質なものが少なくない。それに短いものであればいいが、長いものだと見る気がしない。

 それなのに元朝日記者の発言は、しごくまともなので小一時間かけて見てしまった。三浦瑠璃の化けの皮が剥げてしまった。

 

<テレビ・週刊誌総なめおばさんに文春・新潮も無様な沈黙>

 傷物物件を安く買いたたいて、それを蓋掛けして高い値段にして売りつけるという、夫妻の詐欺的ビジネスに検察がメスを入れたというのである。この女の背後に政治屋がいた。安倍晋三と菅義偉だ。

 検察は三浦夫妻の逮捕というよりも、亡くなったあべはともかく、最近菅の御用記者が賢明に持ち上げている菅に、東京地検が狙いを定めているとの検察情報を明かしている。

 安倍犯罪は菅の犯罪でもあり、とても擁護出来ない。「菅の反逆に岸田文雄サイドが動いている」というような下衆の勘繰りもあるようだ。確かに菅は宏池会から逃げ出して安倍の側近になった。安倍犯罪の処理で悪しき実績を上げた。短命だったが、首相になった御仁だ。

 問題は、この三浦事件を新聞テレビが全く報道していないということだ。正に文春か新潮の出番だが、こちらも遠慮して報道しない。言論界の死を意味する。たかだか「美人さんだから」「タレントだから」で報道しない?想像できない無様な対応が、大問題だという怒りの指摘も。

 

<軽薄短小・かんなくず人間ばかりのテレビ界=まともな文化人ゼロ>

 テレビ時代を「1億総白痴化」と評したものだが、それでもNHKはそれなりに国民の目線を大事にしてきた。それが安倍の10年で一変した。

 清和会最大のスポンサーである笹川ギャンブル財団の関係者をテレビに出すという予想外のことが起きた。安倍と関係する人物が政治を評論するという、それこそ国民を愚弄するような事態まで常態化した。三浦はそんな一人だった。

 全く知らなかったが、彼女は菅が官房長官時代に政府の肩書までもらっていた。菅の権力の乱用も極まっていた。

 佐藤栄作時代の官房長官・保利茂は、中曾根康弘を「かんなくず人間」と評した。マッチ一本で燃え尽きるとの意味だが、目下の新聞テレビに登場する人物は、全てが軽薄短小・かんなくず人間といえなくもない。

 まともな文化人がいない日本なのかもしれないが。

 

<新自由主義は縁故資本主義=権力ぶら下がり人間がテレビ占拠>

 検察に強い元朝日記者は、竹中平蔵などの新自由主義人間も俎板の鯉にして小気味よく切り刻んでいた。「縁故資本主義」とは初めて聞くが、大いに頷ける表現だ。

 縁故主義の元祖はA級戦犯の岸信介であろう。満洲国時代の仲間をかき集めて政権を転がした。清和会の源流である。文鮮明もその一人だった。侵略者であろうが、泥棒でも過去は問わない。

 何事も「国家」「天皇」のもとに集結させて、過去をチャラにする。これは目下のプーチンも使っている。ゼレンスキーもそうだろう。縁故主義で政権を維持する体制のほころびを、7・8安倍銃撃事件で国民に見せつけてくれた。

 清和会化した自民党と公明党と維新と国民民主、立憲民主党にも厳しい視線が集まっている。日本共産党も揺さぶられている。自由民主を放棄した自民党、平和を放棄した公明党、野党らしさを放棄した維新・国民民主と立憲民主党、日米安保破棄を忘れた共産党か。

 貧民強兵の戦前回帰の軍国主義・日本は目前か!戦争が視野に入ってきたような岸田内閣のもとでの検察とジャーナリストの使命は、すこぶる重いものがある。

2023年2月20日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

https://m.youtube.com/watch?v=TAdwyopjbIQ

 

« 2023年2月南房ドライブ<本澤二郎の「日本の風景」(4719) | トップページ | 日本の非戦論の鎖は朽ちず<本澤二郎の「日本の風景」(4721) »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年2月南房ドライブ<本澤二郎の「日本の風景」(4719) | トップページ | 日本の非戦論の鎖は朽ちず<本澤二郎の「日本の風景」(4721) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ