« 本末転倒国会<本澤二郎の「日本の風景」(4717) | トップページ | アベノミクス円激安が日本沈没原因<本澤二郎の「日本の風景」(4718) »

2023年2月17日 (金)

文鮮明と中曾根父子<本澤二郎の「日本の風景」(4717)

文鮮明と中曽根父子<本澤二郎の「日本の風景」(4717)

<中曽根康弘父子と統一教会国際勝共連合の深すぎた仲=毎日特ダネ>

 公明党創価学会との関係が問題視されている毎日新聞が久々に特ダネを書いて注目されている。岸信介や笹川良一の支援を受けた韓国のイカサマのカルト教団・統一教会国際勝共連合の文鮮明と中曾根康弘・弘文父子の深すぎる仲が初めて明かされた。文鮮明の発言録全615巻に記録されていた。

 

 先に中曽根派の山崎拓が月刊タイムス2022年10月号インタビューでも指摘していたことだが、それでも息子の弘文元外相は今回初めて発覚した。改憲軍拡と原発推進に狂奔した中曽根康弘は、政権を担当するとワシントンの主(俳優大統領のレーガン)に対して「日本は不沈空母だ」と大見えを切って服従して喜ばせた。筆者のみならず平和軍縮派の宇都宮徳馬さんも、反中曽根に舵を切った。数冊の中曽根批判本を書いた。「平成の妖怪 大勲位・中曽根康弘」(健友館)を宇都宮の墓前に捧げた。すると間もなく出版社が倒産し、二松学舎大学の「現代マスコミ評論」という人気の講座も潰された。中曽根の言論弾圧・学問の自由弾圧事件そのものだった。糧道を断たれてしまったが、筆者は今も健在である。

 


もちろんのことで、天皇ファシズム下における反骨の女性ジャーナリスト・松本英子のように官憲に拘束され、拷問のような被害に遭遇することはなかった。中曽根とは二人三脚の読売新聞の渡辺恒雄は喜んだであろうが、今は時代が彼を事実上、葬ってしまった。

 

<欠格人間・弘文(77)選挙に統一教会300世帯が支援と文鮮明豪語>

 悪人らは権力にしがみつこうとする。今の公明党創価学会や維新・国民民主党、さらには連合もそうだろうが、岸の後継者・福田赳夫が政権を失うと、反福田の中曽根にむしゃぶりついていた文鮮明だった。

 中曽根は当時、東京の片田舎の日の出町に別荘を所有していた。よく中曽根番記者を呼んで宴席を用意した。レーガンも招かれた一人だ。

 こんなことがあった。居間に囲炉裏があり、中曽根は自ら座布団を置いて記者を歓待するのだが、その際の言葉を記憶している。「これは大作さんに贈られたものだよ」と。政権を担当する前のことだ。創価学会との関係の深さを印象付けた発言である。

 思い出すと、中曽根懇談ではよく宗教屋の名前が飛び出した。その代表が立正佼成会の庭野日敬だった。池田の創価学会と立正佼成会は対立していたころの話だ。政治屋に仲を取り持ってもらったものか。所詮政治屋はカネと票がお目当てなのだ。カルト教団はカネと票で権力にしがみつく。統一教会も同じだ。

 問題の弘文は、中曽根の首相在任中の1986年の参院選で当選した。今の岸田は、倅を首相首席秘書官に起用して批判を浴びているが、中曽根の場合はバッジをつけさせた。上和田という秀吉の草履取りから這い上がった城代家老を排除した強引な人事だった。ちなみに福田は実弟を参院議員にしている。岸・福田・中曽根・安倍の極右政治屋は、身内で権力・利権を懐に入れて手放さない点に特徴がある。

 1983年に中曽根は中国を訪問した。この時、筆者も特派員として同行したのだが、中曽根は一市民である弘文夫妻を随行させていた。権力乱用は国家主義者にとって当たり前なのだ。ともあれ弘文選挙に文鮮明は、統一教会国際勝共連合を動員させていた。いま弘文は参院憲法調査会長!これは極めつけの危険な布陣である。国民は群馬と山口の選挙にエネルギーを集中しなければならない。

 山崎拓の指摘は、実際はより深刻なものだった。

 

<創価学会など暴力とも結びつくカルト教団はカネと票で権力を手にする悪魔の集団!>

 昨日不思議な電話が入った。「北関東の創価学会員79歳」と名乗った。栃木や群馬、茨城のどこかの創価学会幹部だったことが、話の内容から読める。

 彼は「なぜ新聞テレビは池田大作の真実、現在の容態を報道しないのか。創価学会は自民党の腐敗した権力の一翼を担っている。隠すべきではない」と実に真っ当な指摘である。

 「創価学会のカネの威力にひれ伏した新聞テレビ、カネで動く言論界」の実情を紹介したが、そのことは彼も理解していた。不覚にも 「犯人の主役は言論界を牛耳る電通」という指摘を忘れてしまった。

 「もう95歳の池田さんは姿を隠して10年以上経つ。それを聖教新聞は時々古い夫妻の写真を掲載して元気だと誤魔化している。それを多くの信者は信じ込んでいる。狂ってしまっている。おかしい」との指摘は真っ当である。創価学会もまた統一教会や神道神社と同様にカルト教団そのものであろう。

 日本はカルト教団政治と共に確実に衰退・沈没している。

2023年2月1日記(政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

https://ameblo.jp/et-eo/entry-12315135988.html 黒幕は笹川ギャンブル財団

pic.twitter.com/VWFP24eBTj

https://mainichi.jp/articles/20230206/k00/00m/010/283000c

https://news.yahoo.co.jp/articles/d00e976c477135a4c43fb40fac1c56e526d21809

« 本末転倒国会<本澤二郎の「日本の風景」(4717) | トップページ | アベノミクス円激安が日本沈没原因<本澤二郎の「日本の風景」(4718) »

国民投票法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本末転倒国会<本澤二郎の「日本の風景」(4717) | トップページ | アベノミクス円激安が日本沈没原因<本澤二郎の「日本の風景」(4718) »

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ