« 安倍国葬反対の影で荒れる大地(下)<本澤二郎の「日本の風景」(4558) | トップページ | 安倍国葬派の森喜朗SOS<本澤二郎の「日本の風景」(4560) »

2022年9月 9日 (金)

救われない公明党創価学会<本澤二郎の「日本の風景」(4559)

救われない公明党創価学会<本澤二郎の「日本の風景」(4559)

<信濃町に仏はいるの?いないの?=セクハラ安倍国葬反対メール届く


国賊国葬の大騒動の渦中でも、信濃町の不潔な輩が次々と発覚、消えて無くなることはない。「それこそ完璧に身体検査をしたら、何人残るか」と事情通は冷ややかだ。参院選の前に発覚していたら、自公の勝利はなかったろう。

 「信濃町に仏はいない。清潔など無縁」と宗教界からも非難の声が上がってきた。安倍晋三の神社本庁(神道・日本会議)もシンボルが消えて、意気消沈している。栄枯盛衰は世の常だ。在位70年のエリザベス英女王も96歳で亡くなった。島国の没落を象徴している。

 

 岸田内閣の国賊・国葬強行策に対する国民の怒りは、昨日以来、また一段と燃え広がっている。国葬に姿を見せるG7国の元首はカナダのみ。統一教会国際勝共連合にも呑み込まれていた自民党も、いまや最悪の危機にある。その一翼となってきた公明党創価学会も、新たなスキャンダルに見舞われ、山口那津男の公明党も危機に陥って、立ち上がれそうもない。これを自業自得という。

 反創価学会の市民や宗教界も盛り上がりを見せてきている。

 

<致命傷=戦争法を安倍と共に強行した憲法違反の政教一致政党

 公明党創価学会は、既に終わったとみている。安倍・国家神道が仕組んだ戦争三法(特定秘密保護法・自衛隊参戦法・共謀罪)を強行した時点で、両党の命運は尽きた。識者は自公支持をやめて離れた。当然のことである。

 日本国憲法の名において両党は、国民を裏切った。それまでの是々非々の立場を捨てた。売国奴政党として非難を繰り返す反骨のジャーナリストは増えるだろう。政教一致は国際社会もNOである。フランスはカルト法で創価学会を排除して久しい。

 

自民党はカルト原始宗教の神社本庁と統一教会の政教一致政党

 凡人ジャーナリストも安倍内閣を深く掘り下げる過程で、自民党もまたカルト政教一致の政党であることを認識させられた。安倍の後見人の森喜朗という政治屋が「日本は天皇中心の神の国」と自ら正体をさらけ出した。ここからも、しかと分析出来た。人間は聡明になれば、悪政を分析できるものだ。

 

 国家神道の後裔である神社本庁という、お祓いという原始宗教のカルト教団との政教一致政党に加えて、もう一つが安倍の清和会・福田の清和会・岸信介らのA級戦犯グループが、韓国の文鮮明を巻き込んで育んできた、統一教会国際勝共連合という、正真正銘のカルト教団との政教一致政党であることも明らかとなった。しかも国賊を国葬するという時点で、多数の日本国民は目を覚ました。これを起爆剤にすれば、日本の前途に灯が灯るかもしれない。

 

 日本は戦前のように、正真正銘のカルト教団に乗っ取られていたことになる。従って安倍と統一教会の関係について、当然、岸田は語ろうとはせずに逃げた。そのことで、いよいよ政教一致の自公政治に対して、無知な人々に疑惑を広げている。安倍国葬問題で、岸田はさらに窮地に追い込まれていく。

 

 「国葬は麻生太郎の仕掛け」との解説が流布しているが、筆者はソウルの韓鶴子の指令と判断している。「霊界に生きる晋三」など知る由もないが、これこそがカルト教団の新たな手口なのだ。

 

富士大石寺顕正会「神国日本」は邪教と安倍自公批判・国葬論外

 手元に富士大石寺顕正会という反創価学会教団の機関紙(2022年9月5日付)がある。日蓮仏法を信仰する教団のようで、自公の安倍カルト政権を真っ向から批判している。

 「仏が主で神は従」という教義から「安倍政権の最悪政は神国日本の画策」と真っ向から断罪している。神国日本への画策とは、戦前の侵略戦争に明け暮れて敗退した日本帝国への回帰を意味するのであろう。戦後77年にして日本は、神道と統一教会と創価学会のカルト教団によって、再び敗北するというのであろうか?

 

 「森友事件で赤木俊夫氏を自殺に追い込んだ冷酷非道の大罪人で売国奴の安倍を国葬にするなど言語道断である」(天鼓)とも決めつけている。正論に違いない。

 日本会議と公明党創価学会の反論を聞きたい。宗教界の言論戦は聞かないが、顕正会がまずは火ぶたを切った形である。自由な言論戦こそが、カルト教団排除に貢献するかもしれない。

2022年9月9日記(政治評論家)

 

公明党の指定席 国交省(投書)

利権大好きな公明党が長年に渡って、この地位を温存しているのは、創価信者への利権が

あるからです。コロナワクチンも利権を持っていると情報があります。すでに、子宮頸がんワクチンの利権も公明党と創価が主です。宝塚出身の女性議員(公明党)が、子宮頸がんワクチンを推奨していました。ワクチン接種のあと、多くの子供達が障害者となり、裁判で抗争中です。

https://news.yahoo.co.jp/articles/a6aae7be6c3e4d424dffeaa5aa684bcc037b955f

https://www.facebook.com/groups/4084124458344432/permalink/5378050538951811/

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6438044

« 安倍国葬反対の影で荒れる大地(下)<本澤二郎の「日本の風景」(4558) | トップページ | 安倍国葬派の森喜朗SOS<本澤二郎の「日本の風景」(4560) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安倍国葬反対の影で荒れる大地(下)<本澤二郎の「日本の風景」(4558) | トップページ | 安倍国葬派の森喜朗SOS<本澤二郎の「日本の風景」(4560) »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ