« 乱の時代(最終回)<本澤二郎の「日本の風景」(4479) | トップページ | おかしな検察<本澤二郎の「日本の風景」(4481) »

2022年6月20日 (月)

ヒロヒト天下の軍人<本澤二郎の「日本の風景」(4480)

ヒロヒト天下の軍人<本澤二郎の「日本の風景」(4480)

<花森安治さんの「軍人は一銭五厘」の価値しかなかった神の国日本兵>

 こうしている間にも国家間の殺し合いが繰り広げられ、二つとない命が失われている。そのことに為政者・国家主義者は、意に介さず戦争に狂奔している。「やめろ」の人々の叫びは、空を切るばかりだし、人々の中にも「ウクライナ支援が正義」と信じ込んで、戦争継続のための支援をしている。

 おぞましくも哀れな人間という生き物であろうか。「カラス以下」と書いたが、間違ってはいないだろう。多すぎる人間を減らそうと思っている輩は、心に痛みを感じないのかもしれない。ハルビン731部隊を想起させる生物兵器・コロナウイルスが、日本の研究者の成果でないことを祈りたい。それがウクライナでも起きていないことも。

 

 人殺しを業とする軍人は、国家主義者にとって貴重な存在に違いない。その価値はどうだったのか。知り合いが、これまで聞いたこともなかった「一銭五厘」の花森安治さんの、詩のような文章をメール送信してくれた。ヒロヒトの侵略戦争を支えた日本兵の「価値」が、当時の金にして「一銭五厘」だった!

 

<「暮らしの手帳」も知らない凡人が脱帽したすごい文章を以下に紹介>

 1972年ごろ、日中友好派ジャーナリストが結成した「ジャーナリスト同盟」の機関紙を最後まで支えてきたペンの盟友・長沼節夫さんは、生前に「天皇の軍隊」を書いた反骨のジャーナリストだった。

 無念にもフクシマ放射能被ばくによる急性の白血病で命を落とした。幅広い活動をしてきた彼は、花森さんのことを知っているに違いない。恥ずかしいことに「暮らしの手帳」もよく知らない凡人は、安倍晋三の国粋主義の元祖・A級戦犯の岸信介については、多少知っている。いま岸の亡霊が、永田町から平河町・信濃町を徘徊していることに衝撃を受けたものだから、昨日まで「乱の時代」を9回連載した。

 2022年危機の正体である。後輩のジャーナリストへの遺言となれば幸いだが、深刻なことは岸信介を知らない日本人ばかりの今なのだ。しかし、歴史を隠ぺいすることは出来ない。この日本に秘密があってはならない。怪しげな宮内庁での祭祀は、今も秘密にされている。

 赤紙一枚で、自宅の神棚と近所の神社で必勝祈願、ついで靖国に遥拝して出征した天皇ヒロヒト軍隊の価値を、自ら体験した花森さんは以下のように明確に記録した。

フェイスブックに投稿している文章です。 八千代、青柳

花森安治さんの「一銭五厘」を思い出しました。引用文をそのまま転載します


「軍隊というところは ものごとを おそろしく はっきりさせるところだ
星一つの二等兵のころ 教育掛りの軍曹が 突如として どなった
貴様らの代わりは 一銭五厘で来る 軍馬は そうはいかんぞ
聞いたとたん あっ気にとられた しばらくして むらむらと腹が立った
そのころ 葉書は一銭五厘だった 兵隊は 一銭五厘の葉書で いくらでも
召集できる という意味だった
(
じっさいには 一銭五厘もかからなかったが… 
)
しかし いくら腹が立っても どうすることもできない
そうか ぼくらは 一銭五厘か そうだったのか〈草莽(ソウモウ)の臣〉〈陛下の赤子(セキシ)〉〈醜(シコ)の御楯〉つまりは〈ー銭五厘〉
ということだったのか そういえば どなっている軍曹も 一銭五厘なのだ 一銭五厘が 一銭五厘をどなったり なぐっている もちろん この一銭五厘は この軍曹の発明ではない 軍隊というところは 北海道の部隊も鹿児島の部隊も おなじ冗談を おなじアクセントで 言い合っているところだ 星二つの一等兵になって 前線へ送りだされたら 着いたその日に 聞かされたのが きさまら一銭五厘だ 陸軍病院へ入ったら こんどは各国おくになまりの一銭五厘を聞かされた 考えてみれば すこしまえまで 貴様ら虫けらめ だった 寄らしむべし知らしむべからず だった
しぼれば しぼるほど出る だった 明治ご一新になってそれがそう簡単に変わるわけはなかった 大正になったからといって
それがそう簡単に変わるわけはなかった
富山の一銭五厘の女房どもが むしろ旗を立てて 米騒動に火をつけ 神戸の川崎造船所の一銭五厘が同盟罷業をやって 馬に乗ったサーベルに蹴散らされた 昭和になった だからといって それがそう簡単に変わるわけはないだろう 満洲事変 支那事変 大東亜戦争 貴様らの代わりは 一銭五厘で来るぞ どなられながら 一銭五厘は戦場をくたくたになって歩いた へとへとになって眠った 一銭五厘は死んだ 一銭五厘は けがをした 片わになった 一銭五厘を べつの名で言ってみようか《庶民》ぼくらだ 君らだ」私は花森安治さんの「暮らしの手帖」の愛読誌のひとつでした。上級国民、権力者❓がどんな目線で庶民=茹でカエル?¥ᄌツ民・国民を視て?観て?見ているかを表しています‼️何事も気づきが大切です‼️ 

<無知の知>
驚愕!御用医学者をさかのぼると、すぐに731部隊に行き着く
魑魅魍魎男
(asyura2.com)

https://twitter.com/takigare3/status/1534362169940516864

https://twitter.com/hellomitz3/status/1525006323108130817

https://news.yahoo.co.jp/articles/dca07f064dba51207ac8510d7e30c1fcea82f230 

https://torideorg.web.fc2.com/kitano1.html

2022年6月20日記(東芝製品・サントリー・トヨタ不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

« 乱の時代(最終回)<本澤二郎の「日本の風景」(4479) | トップページ | おかしな検察<本澤二郎の「日本の風景」(4481) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乱の時代(最終回)<本澤二郎の「日本の風景」(4479) | トップページ | おかしな検察<本澤二郎の「日本の風景」(4481) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ