« フクシマの現実<本澤二郎の「日本の風景」(4437) | トップページ | 弱者に増税<本澤二郎の「日本の風景」(4439) »

2022年5月 8日 (日)

子供と教師<本澤二郎の「日本の風景」(4438)

子供と教師<本澤二郎の「日本の風景」(4438)

<東京新聞5月5日付1面トップ記事にがっかり!>


珍しく玄関に東京新聞(中日新聞東京本社発行)が置いてあった。子供の日である。1面に子供たちの楽し気な顔が複数映っている。大見出しが「私たちの声聞いて」「小中学生のうったえ」とある。いじめや虐待に問題を絞ったもののようだが、正直なところ当てが外れた。子供教育・子供を教える教師・文科省に問題はないのか?ピンボケ?そんな思いを強くした。

 

 子供たちの思い・価値観は、教師への信頼・影響力が圧倒的に強い。いい先生に教えられた子供と、そうでない場合は、大人になって様々な岐路に立たされると、そこに大きな差、それは教養から人格にも及ぶ。特に近現代史と続く9条憲法の誕生には、避けがたい因果がある。

 

 嘉悦女子短期大学と二松学舎大学で教壇に立って強く、強く感じたことは、今の若者は歴史を知らない、大事な日本国憲法について全く教えられていない、教えられても教え方に問題があって、忘れてしまっている!教師の良しあしが極めて大事なのだが、これに文科省の姿勢も輪をかけて、社会人としての大事な知識・教養を身につけさせない。視野の広い、考える批判力のある国際人に育たない。この点が一番の子供と教育の課題である。いじめは許されない。あってはならないが、教師の熱意で相当程度抑制できるものだ。

 

 筆者も中学・高校の社会科の教師の資格を持っている。資格を取る最終場面で、東京・千代田区の九段中学校で研修、楽しい思い出が今も残っている。幼い精神のため、不見識な対応をして社会科教師に恥をかかせてしまったことも。

 音楽室でベートーベンの「田園」を初めて、一人で聞いて、その美しい音色に感動した。以来、何度も聞いた。自ら学んだ田舎の中学校の施設と比較すると、都心の一流中学に比べると、余りの落差にも驚かされた。そこは麹町中と並んで進学校といい、千葉県など遠方から越境通学する生徒も多かった。金持ちの教育熱心が、子供同士の落差をいち早く作り出していたことに、複雑な思いをした。富裕層と貧者の教育落差が、大学や社会生活においても決定的な格差を作り出し、幼くしてその原因の種がまかれていた。

 貧しい家庭の子弟は、いい学校や資格試験から排除されるシステムが、憲法の教育の機会均等という立派な規定のもとで、見事に絵空事であることも。

 せめて有能な人材は、暮らしとは関係なく、平等に扱われることで、いい人間・いい社会人・いい役人・いい政治家の世界にすべきだろう。民主主義は育たない。いじめなどに矮小化して、何も世の中のことを理解していない子供の声を聞けば、それで足りるわけではあるまい。新聞人に猛省を促したい。

 

<子供の人生・価値観は教師の影響が大きい>

 筆者と同世代の法律家は、孫のことに心配を抱いていた。というよりも、学校教育を担当している教師らのお粗末さを嘆いていた。ゆえに無事に中学を卒業して、ことし高校生になった孫のGWの来訪に、それなりの覚悟をもって自宅に迎え入れた。

 今のうちに少し叱り飛ばさないと大変なことになる。今年から18歳で、選挙権を行使することになる。あと2年で大人だ。やはりしっかりと基本を教え込んでおこう、と決意をみなぎらせていた。

 

 高校一年生の孫との対話が始まると、意外な展開となった。法律家の不安は杞憂に過ぎなかった。

 孫は、卒業を待って中学の校長に電話を入れて抗議した。理由は真っ黒な髪をしていない、大事な生まれつきの友人に対して学校は、理不尽にも「髪を染めろ」と指示してきた。半ば強制的な指示に友人は、渋々応じるしかなかった。孫は卒業後にそのことを校長に「人権侵害だ。謝罪せよ」と迫った。校長はたじたじとなった。

 孫の説明に法律家は納得した。相手が間違っている場合、泣き寝入りしない立派な孫の振る舞いに感激した。「なぜ校長が不当な指示をした時点で抗議しなかったのか」と問いかけると、実に振るっていた回答が飛んできた。

 「在学中だと内申書に影響が出る。在学中は無理だった」とこれまた正解である。われも唸ってしまった。内申書?

 

<内申書が高校進学に影響することを知っていた孫>

 筆者は子育てをすべて妻に任せていた。のちに「何度学校に呼びつけられたことか」と笑って教えてくれた。しかし、これは本人にとって重大なことだった。

 近くの公立校で失敗した。なぜか、今もって不思議に思ってきた。そうか、内申書か。今は理解できる。担任の覚えをよくしないと、いい学校に入れない。法律家の孫は知っていた。我が家は親も本人も気付いていなかった。

 子供のころは、少し暴れるくらい元気に育ってもらいたい、と思い込んでいた。内申書の重みに気付くのが遅かった。さすが法律家の孫は賢い。我が家は子供の教育に失敗してしまった。 

 

<歯を食いしばって抵抗を一時中断する賢い生徒も>

 学校と対立する元気な子供が少なくない。昔からだ。しかし、賢い生徒は内申書のことを知ると、賢く振る舞うのである。賢い行動が出来ないものは、いい高校に入れない。

 思えば、末っ子は高校生の時、僅かに通学時間から遅れた。これに若い担任教師が暴力で制裁してきた。息子らは怒りを登校拒否で抵抗した。その日の夜、同僚の母親の通告で、どこかに雲隠れしてしまったことが分かり、学校と父兄とで子供探しを始めた。この時は驚いた。夜中の捜索が始まった。長男が知恵を出してくれた。場所は渋谷駅周辺という。果たして信じていいのか?木更津市から渋谷駅?見当もつかない。お金もない。無銭飲食で捕まるか、最悪はやくざの奴隷にされ、永久に姿を見せなくなり、やくざ同士の戦争で命を落とす?最悪のことも脳裏をかすめた。もはや暴力教師のことなどすっかり忘れて、末っ子探しに狂奔した。

 幸い、当てもなく深夜飛び込んだ喫茶店の奥で、疲れて寝込んでいる息子ともう一人を見つけた。この時の父親の安堵は、とても第三者に説明できない。学校に抗議することも、本人に諭すことも忘れ、ただ無事を喜んだ。学校は警察にも連絡しなかった。

 

 学校や教師の暴力に対して、直ちに抗議の意思を行動で示した息子、他方、その時はじっと耐えて卒業した後に逆襲した法律家の孫、後者の知恵に軍配を上げたい。

 

<近現代史をしっかり教えて、世界一の9条憲法を教える義務>

 戦後50年の1995年に50人の仲間と南京と盧溝橋を旅した。その中に高校教師がいた。帰国後の感想文に喜んだ。

 彼は「これから自信をもって戦前の侵略史を教えられる」と答えたものだ。教師も近現代史を知らない。従って南京も盧溝橋も731部隊も、植民地支配のことも知らないまま大人になっている日本人。安倍も小泉もそうである。靖国神社は「戦争神社」なのだ。「神の国」論者は、死の商人に突き動かされて、軍拡改憲を叫ぶ危険極まりない国粋主義者の危険な輩なのだ。

 「日本もこれから近現代史を教える」と公約した首相は、三木武夫側近の海部俊樹のシンガポール宣言である。

2022年5月8日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

« フクシマの現実<本澤二郎の「日本の風景」(4437) | トップページ | 弱者に増税<本澤二郎の「日本の風景」(4439) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フクシマの現実<本澤二郎の「日本の風景」(4437) | トップページ | 弱者に増税<本澤二郎の「日本の風景」(4439) »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ