« 安倍311福島制御論必殺本誕生!<本澤二郎の「日本の風景」(4276) | トップページ | 自民党神社神道と公明党創価学会<本澤二郎の「日本の風景」(4278) »

2021年11月27日 (土)

小池百合子知事直訴!<本澤二郎の「日本の風景」(4277)

小池百合子知事直訴<本澤二郎の「日本の風景」(4277

<木下都議辞職に成功、ならば公園協会の杉嶋拓衛君の養育義務は?>

 東京都知事・小池百合子さんに直訴するしかなくなった。交通法規違反の木下都議を辞職に追い込んだ手腕は、おおむね60点、まずはお目出度い。しかし、都庁関係職員の不祥事は、まだ決着がついていない。

 

 東京都公園協会幹部の杉嶋拓衛君の、人の道に反する養育義務違反問題である。高給を食んでいながら、自らの不始末から逃げて恥じない。反原発で知られているというタンポポ舎で、活動家の女性をたぶらかして、子供だけ作って、あとは野となれ山となれ、と第三者に思われるようでは犬畜生に劣る。

 

 それを公園協会は、本人を説得しようともしていない。こちらも逃げている。しかし、都庁の最高責任者は違う。逃げることは許されない。入院生活で体調も悪くなさそうだ。これとても、所詮は狸戦術の一つだろうが。

 

 一瞬の快楽を楽しんでハイサヨナラでは、人道に反する。小池さん、こちらも直ちに処理してほしい。職員の不始末は、知事の責任である。岸田文雄や山口那津男を真似て「聞く耳」を持つべきだろう。

 

 杉嶋拓衛君を知らないが、男ならケジメをつけろ、である。母子家庭は泣き叫んでいるのだから。最近は、たまりかねて幼子が悲鳴の電話までしている。養育義務は、命がけでも果たす都庁の日本男児であってほしい。

 

<女性を大事にする政治家なら母子家庭養育義務違反職員の指導を?>

 都庁職員とその関連の職員は、税金で生活をしている。民間人よりも厳しいルールが存在している。目下の貧困家庭は、母子家庭に絞られている、との指摘もある。

 

 コロナ禍の被害者は、真っ先に幼子を抱えた母子家庭に集中することになる。男に見捨てられた女は、生きるために何でもしなければならない。売春婦に成り下がる母親も少なくないようだが、今はその仕事も客がいないという?

 

 餓死するか自殺するしかなくなる。

 救済するには、公人である政治家が、生活困窮者に光を当てる、これが世の常でもある。母子家庭の貧困をなくすためには、政治家の思いやりに尽きる。小池さんは、其の点が問われている。

 

<政治家のコロナ禍の大事な任務は貧困救済、特に母子家庭>

 岸田に限らない。正確には政治屋ばかりなので、政治家という活字は使いたくないのだが、あえて政治家と使用する理由は、正義を貫くため、真っ先に人の命と健康に執着する責任がある、そのためである。大方のところ、一瞬の快楽を良しとする男に騙される女馬鹿?によって、母子家庭は生まれる。

 

 母子家庭が生き延びるためには、逃げた男が養育の義務を果たすしかない。果たすように職場も地域も応援することで解決する。

 

 言及するまでもない。貧困が、人間の健康と命を奪う元凶である。

 

<自殺の原因は貧困から病気を苦にしての絶望人生にあり>

 貧困と自殺の因果関係を否定する者はいない。

 貧困は不健康な生活を約束する。確実に病を引き起こすだろう。重い病気になっての生活苦から逃げる手段は、自殺しかない。病気による絶望感が、人を死に誘い込むことになる。

 

 自業自得ともいえるが、民主主義社会は、そうした母子家庭を支える政治を約束している。その覚悟を政治家に求めている。小池さんは、ひざ詰めで杉嶋拓衛君という都庁関連職員を説得する義務がある。それゆえの今回の直訴である。軽視するなかれ、である。

 

 ついでにいうと、第二の杉嶋君を作らないために条例で罰則を設ける。罰金100万円、懲役1年でどうか。法務省も法整備に動くだろう。母子家庭放置は、とどのつまり男尊女卑に起因する。

 

<どうする4兆円フクシマ隠しの五輪賭博のツケ>

 小池さんは、安倍や菅と共に大変な失政をした。フクシマ放射能制御という大嘘とIOC買収で強行した、4兆円フクシマ隠しの五輪賭博強行である。世界の物笑いとなったコロナ五輪のツケはどうするのか。

 

 IOCは満足しているが、各国とも日本の大馬鹿行政をあざけっている。莫大な負債を処理する義務がある。病院に隠れてもだめだ。都民の心臓は破裂寸前である。1000万都民は、小池都政に厳しい目を向けている。

 

<行財政改革待ったなし、新宿の狸で逃げられない>

 一大行財政改革が待ったなしだ。世界一の東京都の高給賃金体制は破綻した。都議の給与半減、都庁職員も同様であろう。

 

 たとえ新宿の狸に化けても、莫大な負の財政は都民に襲い掛かる。自民党幹事長の二階が仕掛けた、五輪廃止を決断しなかったツケは、如何にも巨大すぎる。しかし、断行するほかない。もはやゆでガエル都政は通用しない。まずは母子家庭救済から、隗より始めよ、である。健闘を祈る!

2021年11月28日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

五輪施設運用SOS

NHK)都が東京オリンピック・パラリンピックに向けて新たに建設した6つの施設のうち、すでに夢の島公園アーチェリー場はスポーツ施設として開業していて、カヌー・スラロームセンターなど残る5つの施設は、改修工事を終えたあと来年から再来年にかけて開業する予定です。しかし、現時点では5つの施設で年間の収支が赤字となる見込みです。

恐ろしや防衛費6兆円超える!安倍戦争体制継続の岸田内閣!

(毎日)政府は26日に閣議決定した2021年度補正予算案に、防衛費を補正では過去最大の7738億円計上した。厳しさを増す安全保障環境を踏まえ防衛力強化を急ぐため、防衛省が22年度当初予算案の概算要求に盛り込んだ装備品調達費を積極的に前倒し計上した。この結果、年度を通した防衛費は初めて6兆円を超える。

 

« 安倍311福島制御論必殺本誕生!<本澤二郎の「日本の風景」(4276) | トップページ | 自民党神社神道と公明党創価学会<本澤二郎の「日本の風景」(4278) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安倍311福島制御論必殺本誕生!<本澤二郎の「日本の風景」(4276) | トップページ | 自民党神社神道と公明党創価学会<本澤二郎の「日本の風景」(4278) »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ