« 自滅へ!公明党創価学会<本澤二郎の「日本の風景」(4182) | トップページ | 競わせる文化<本澤二郎の「日本の風景」(4184) »

2021年8月23日 (月)

清和会・極右政治敗退<本澤二郎の「日本の風景」(4183)

清和会・極右政治の敗退<本澤二郎の「日本の風景」(4183)

<菅に軒下貸して母屋・土台を乗っ取られた小此木家の横浜市長選>

 菅義偉の地元・横浜市長選の結果は、予想をはるかに上回る大敗北で、小此木八郎は再起不能、政界引退へと追い込まれた。さしずめ菅に軒下を貸した小此木家は、白アリに土台まで食いつぶされた格好である。後者の惨憺たる敗北に同情論まで出たらしい。地盤・看板・鞄の三バンも効果なかった。

 

 敗因は、神道極右清和会・安倍の改憲軍拡・核武装化目当ての「311東電フクシマ隠しの五輪計画」「命軽視のコロナ五輪強行」「原発再稼働」などに対する不条理・国民無視の政治に、とうとう市民が決起、先の都議選に加えて、今回の国際都市でもくっきりと証明されたものだ。

 

 菅・安倍の自公3分の2独裁体制に対する怒りが、311東電原発3号機の爆轟のように破裂したものであろう。菅選挙全敗である。

 

<敗因は命より「フクシマ隠し五輪強行」の菅・安倍の暴政に審判>

 菅の手あかのついたカジノ促進の、愚かな現職女性市長も、有権者は相手にしなかった。

 

 今回の敗因分析は、きわめて重要であろう。20年前からの清和会・森喜朗の「神の国」という前時代がかった、国民軽視の神道政治連盟主導の天皇制国家主義、76年前の歴史の教訓を放り投げての隣国への覇権的外交、311さえも無視する原発再稼働の野望の先に見えてきた日本核武装化、200万福島県民を棄民化した原子力ムラの強権政治、遂には自公の3分の2体制で、あろうことか特定秘密保護法・戦争法制・共謀罪の「戦争三法」強行にカジノ法である。

 

 神道に引きずられた創価学会・カルト教団の敗退でもあった。

 森喜朗から始まった清和会政治を総括した、横浜市民の見事な審判に敬意を表したい。

 3分の2体制に屈してきた沈黙市民が、遂に菅の地元で本心をさらけ出した見事な審判であって、コロナ無策もその一つでしかなく、根っこは余りにも深い。

 

 NHKをはじめとした新聞テレビの読売化も、人々の精神を狂わせてきた元凶でもあった。生意気なことは言えないが、人々が「原子力ムラ」の猛威に気付き始めた証左でもあろう。

 

 歴史は動いている。政治も動いている。核武装化を目指す清和会政治にオサラバする時であろう。バランスのない右翼片肺政治の限界を示している。

 

<コロナ政局=解散か総辞職=安倍・麻生・甘利・下村・高市・萩生田・加藤・梶山・小泉を「政界から追放せよ」と清和会ご意見番>

 自滅の自公両党であることも判明したことはいうまでもない。

 菅は解散か総辞職か、であるが、自民党内の乱の行方次第だ。完璧に寿命が尽きた。もはや自民党を立て直す人材は、おそらくいないだろう。

 

 清和会のご意見番が、興味ある指摘をしている。参考までに紹介すると、安倍・麻生はいうまでもなく、甘利や下村、高市、萩生田、加藤、梶山、小泉を政界から追放せよ、というのだ。

 

 総裁選に名乗りを上げている、高市を支持する自民党議員がいるのかどうか?山本拓議員に聞くといい。下村は加計孝太郎事件で、大金を懐に入れていると文春に報じられている。萩生田?加藤は日本医師会との問題、馬毛島疑惑あり、甘利事件は余りにも有名である。

 

 梶山は旧動燃の高速増殖炉もんじゅ西村成生謀殺事件について、未亡人に説明する責任があろう。9月にはヒラメ判事の判決が出る。

 ワシントンで日本統治の特訓を受けた進次郎は、不適格である。

 

 要するに、次期総選挙で野党が「横浜方式」を採用して、彼らの選挙区に候補者を一本化して擁立すれば、菅を含めて落選させることができる。ボールは野党に投げられたのだ。贅沢は言わない、自公以外の政権であれば、よりましなのだ。

 

 地球温暖化防止・気候変動防止のために原発を全廃する、日本核武装化を阻止する。原子力ムラを退治する、この一点で共闘すれば、野党は政権を担当できる議席を確保出来る。200万福島県民を棄民化している悪政も廃止するのである。

 

 茨城県の東海村で核爆発が起こると、首都圏が崩壊する。被ばく者の多くが死ぬ。これを阻止するためには、旧動燃の組織を廃止するのである。54基の原発を廃炉にする。そのために特化する、野党共闘に身を捨てる、野党の結束が、日本人が生き延びる唯一の方法である。

2021年8月23日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

« 自滅へ!公明党創価学会<本澤二郎の「日本の風景」(4182) | トップページ | 競わせる文化<本澤二郎の「日本の風景」(4184) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自滅へ!公明党創価学会<本澤二郎の「日本の風景」(4182) | トップページ | 競わせる文化<本澤二郎の「日本の風景」(4184) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ