« 自民党太田・山口公明派落馬!<本澤二郎の「日本の風景」(4165) | トップページ | 2021年8月6日特別号<本澤二郎の「日本の風景」(4166A) »

2021年8月 6日 (金)

林検察封じ!!<本澤二郎の「日本の風景」(4166)

林検察封じ!!<本澤二郎の「日本の風景」(4166)

<安倍・山口に泣きつかれ⁉上川法相を官邸に呼びつけた菅義偉の大罪>

(時事の捏造?)首相動静8月5日、午後420分から同32分まで、上川陽子法相。

 

 上記の報道から「怪しい」と直感したのだが、朝日読者の事情通が「時事通信の首相動静は捏造されたものだ」と訂正してくれた。実際は30分以上、密談していた。何のために?安倍・桜事件封じ込めのためであることは、凡人元政治記者でも直感できたが、事情通は「もう一つが公明党のナツオが菅に泣きついたものだ」とも決めつけた。即座に納得してしまった。永田町で人生のすべてを捧げてきた事情通のヨミには、合点するほかなかった。

 

 菅は事前に麻生太郎とも密談。「まだコロナ予算が30兆円残っている。これを総選挙で、全国民買収費用にしたい」?などと菅が財務相・麻生を説得した可能性が強い。麻生は反対に「菅さん、安倍・桜事件に冷たい」と菅に忠告した?さすがはベテランのヨミに脱帽である。

 

 昨日の8月5日、コロナ感染は東京で5000人の大台を突破、国民の命を捧げながらの五輪強行を、止めようとしない殺人鬼・菅である。殺人鬼の広島原爆追悼祈念出席に、本日のヒロシマの反応はどうか?

 

 要は、麻生は「安倍を助けろ」、信濃町からは「公明党の遠山事件を

拡大させるな」の直訴に対して、急遽上川陽子法務大臣を官邸に呼びつけて、林検察による捜査の内情を聞き出し、捜査にブレーキをかけたもの、と想定できるのだが。図星とみたい。

 

 事情通は「上川を官邸に呼びつけて、それを周知させる点に意味がある。林検察の動きを食い止めるための演技だ」「このような大それた、天を欺く行動が出来る菅という、恐ろしいやくざのような人物を首相に担いだ自民党と公明党は、自滅するほかない。万死に値するだろう」などと怒り狂うように指摘した。ことほど自公は腐りきっているのである。

 

 

 桜事件の再捜査については、既に詳しく報道されている。公明党重大事件については、事情通の説明でこれまで以上に納得した。

 

 「横浜にあるテクノシステムという太陽光発電による22億円詐欺事件発覚で、背後で暗躍していた公明党の悪党の事件が露呈した。公明党きっての銀座族で知られる遠山だ。彼の指示であろう、二人の秘書が詐欺会社の助っ人となって、金融機関からの不正融資を全面的に支えていた。いわば詐欺グループの主役を、遠山と彼の議員事務所が担当していた。遠山について詳しくないが、まずもってこの人物に倫理観がない、犯罪集団の一翼を担っていたわけだ。あろうことか、二人の秘書が今働いていた公明党の議員会館事務所2か所が、東京地検特捜部に家宅捜索された。公明党重大事件は、内外に知れ渡ってしまった。前代未聞の永田町重大事件でもある。この詐欺集団には、小池都知事側近や小泉純一郎らの関与も指摘されている。この犯罪事件は、さらにさらに大きく拡大するため、公明党創価学会にとって危機的なダメージとなる。既にネットの世界にも言論弾圧の動きが出ている。そこで信濃町は、総力をあげてこれの拡大阻止に取り組んでいる。その先頭に立ったナツオが菅に泣きついた。上川陽子が官邸に呼ばれ、首相自ら火消し役を買って出たものだ」

 

 以上の指摘に異論があれば、大いに歓迎しようと思う。

 

<全国民は林検察監視と支援を働きかけねばなるまい>

<自滅の自公を叩き潰せば、世の中明るくなる>

2021年8月6日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

(追記)田舎は最高!ただし、贅沢な悩みもある。山間から地下水となって噴出してくる水が飲めることが、何よりの幸せの一つだが、このころになると、水量が枯れてちょろちょろ。10L溜め込む間、蚊に刺される。これが辛い。長袖長ズボンの出で立ちで、汗をかきながらの水汲みも、覚悟をすれば大したことなどないのだが。それにしても人間は贅沢にできている動物かもしれないが、詐欺してまでも金儲けする政治屋とその仲間の犯罪を許すわけにはいかない。修身斉家治国平天下の日本にしたい。ナポレオンに侵略されたドイツの哲学者・フィヒテの「ドイツ人に告ぐ」ではないが、やはり根本は教育であろう。せめて言論人くらいは、そうありたいものである。

 

<「不祥事徹底解明せよ」と自民青年局の要望も届かず>

(産経) 自民党青年局(牧島かれん局長)は5日、党本部で柴山昌彦幹事長代理と面会し、二階俊博幹事長宛に緊急申し入れを行った。不祥事などが相次ぐ中、一層の危機感を持って党運営を行うことを要望した。

« 自民党太田・山口公明派落馬!<本澤二郎の「日本の風景」(4165) | トップページ | 2021年8月6日特別号<本澤二郎の「日本の風景」(4166A) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自民党太田・山口公明派落馬!<本澤二郎の「日本の風景」(4165) | トップページ | 2021年8月6日特別号<本澤二郎の「日本の風景」(4166A) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ