« 最高裁を信用できない日本国民<本澤二郎の「日本の風景」(4033) | トップページ | 日本の警察力<本澤二郎の「日本の風景」(4035) »

2021年3月24日 (水)

大衆は愚にして賢<本澤二郎の「日本の風景」(4034)

大衆は愚にして賢<本澤二郎の「日本の風景」(4034)

<自民候補を泡沫候補にした千葉県の見識=民度急上昇!>

 3月21日の千葉県知事選挙は、たくさん金を使って宣伝した自民党前県議・弁護士を、有権者は泡沫候補として弾き飛ばした。タレント12年の前任者に辟易していたところに、自公の安倍・菅政権の不正と腐敗の連鎖を、10年も見せつけられてきたわけだから、さしもの保守の金城湯池も総崩れの状態になっていたことが証明された。快挙である。

 

 安倍や安倍側近が解散の笛を吹けども、改憲軍拡の自民党に有権者はへそを曲げている。安倍に従った「戦争党」の公明党も元気がない。大衆はちゃんと見ている。愚にして賢なのだ。

 

 ただ、そこで問題なのは、だからといって野党の立憲民主党支持率が上がらないことだ。原因を近く分析したい。

 

 知事選の投票率は、前回に比べて上昇した。およそ4割だ。ことほど政治も行政も、不信の固まりなのだ。投開票日の翌日、久しぶり来訪した息子に選挙のことを尋ねると、投票しなかった、と即答した。6割の有権者はソッポを向いていたことになる。

 にもかかわらず、自民候補は当選者との差は100万票。菅も二階も、立ち上がれないほど衝撃を受けているだろう。

 

<やくざ排除の警察・公安委員会を刷新する千葉県政を断行!>

 やくざが跋扈する房総半島の民度が変わったとみたい。やくざ議員を排除する民度に変質した千葉県?野党は堂々と、イタリア首相並みにマフィア(やくざ)退治に勇気を出すべきだろう。それには真っ先に言論界も、である。

 

 今回の投票日は、春嵐を印象付ける悪天候の中で実施された。コロナ禍の選挙ゆえに、選挙管理委員会は事前投票を呼びかけていた。当日、筆者は昼過ぎに近くの投票所に出かけたのだが、会場に誰もいなかった。沈黙の投票風景は、初めての経験となった。

 

 公共掲示板には、8人候補の4人しかポスターが貼られていなかったし、一度たりとも候補者の宣伝カーも走らなかった。しかし、選挙前にはやくざ議員と見られている人物と自民候補の派手なポスターが、長期間派手に街頭脇に貼られていた。最初はわからず、総選挙が近いのかと勘違いしたほどである。自民党の金力を引けらかしていたのだが、有権者は踊らなかった。

 

 新知事が勇気を出して、やくざを退治する千葉県警と公安委員会に衣替えすれば、女性も観光客も安心する、明るく希望のある房総半島になるだろう。特に千葉県警に対して、言論人としての監視を強めようと思う。 

 

<国際社会の大衆もコロナと原発の電通五輪に賛成しない!>

 五輪選手だけでも1万人以上、五輪大会関係者が加わると、三密は吹っ飛んでしまう。コロナの集団感染の危険性が高い。

 日本医師会が猛烈に反対した。結果、外国人観光客の観戦中止。安倍と菅が公約した、安心・安全五輪は消し飛んでしまった。

 

 金儲けに賭けてきたホテルや観光業者の衝撃は大きい。JOCIOCも、当てが外れてしまった。「何のための五輪か」「テレビ観戦だけか」「いっそ中止すべきだ」という世論は、一段と強まっている。 

 

 大衆は、日本も世界もコロナ五輪NOなのだ。

 菅は、明日の聖火ランナーの初日スタート参加を、突然欠席すると日程変更した。「菅も五輪開催断念か」と列島に負の情報が走った。大赤字・経済損失・不況の追い打ちに、打ちのめされる関係者は多い。

 安倍と森の、その前には石原慎太郎の置き土産に、国も泣かされるのだろう。泉下でクーベルタン男爵が泣いている!

 

<バイデンにお土産持参しても五輪は「科学的」で押し切られる?>

 米国大統領に御目通りするために、なんと80人、90人+金魚のフンの報道人=江戸の参勤交代そのものである。空前絶後の大名行列を誰が仕立てたものか。

 トランプのポチから、バイデンに乗り換えるための朝貢ということらしいが、コロナ禍のワシントンの警備は、ただでさえ白人至上主義者が暴走している。

 「お土産は沢山持ってきました。どうぞ大統領ご夫妻と選手団を派遣してください。お願いします」、これにバイデンはトランプのように「分かった」といってくれるだろうか。

 

 「科学的に判断すると言ってきた、分からんのか」と一蹴されないだろうか。それにしても、これほどみっともない参勤交代など、江戸期にも見られなかったはずである。

 

<大衆は目を覚ました=自民神道政治+公明創価学会政治=NO

 日本政治を真正面から分析すると、それは土着の神社神道を基盤とする、戦前を引きずる自由民主党と、当初は貧者を代表する反神社神道の創価学会そのものの公明党が、21世紀に入って仲良く提携、議会の3分の2議席を占拠、独裁暴政を断行してきた。

 

 これを支援するのは戦後、復活して暴利を手にした財閥である。目下、新型コロナウイルスが直撃、世界恐慌に輪をかけている。大衆が目を覚ましてきているのである。コロナが人々を覚醒させている!

 

 もともと大衆は愚にして賢なり、護憲リベラルである。日本国憲法の真髄は、自然エネルギーで航海する帆船・日本丸だ。人類は皆賛同する。死の商人に振り回される日本やアジアであってはならない。

2021年3月24日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

菅義偉首相は23日、福島県で25日に行われる東京五輪・パラリンピックの聖火リレーの出発式への参加を見合わせることを明らかにした。「国会の日程などを総合的に勘案」したとしている。 (朝日)

(共同)公益財団法人「新聞通信調査会」(西沢豊理事長)は20日、新型コロナウイルス感染症が世界的に収束していない中での東京五輪・パラリンピック開催の是非を海外5カ国で尋ねた世論調査結果を発表した。「中止すべきだ」「延期すべきだ」との回答の合計が全ての国で70%を超えた。特にタイでは95.6%、韓国で94.7%に達した。昨年12月~今年1月に面接か電話で調査し、各国で約千人ずつから回答を得た。他に中国は82.1%、米国が74.4%、フランスが70.6%。【ロンドン時事】今夏の東京五輪・パラリンピックで海外客の受け入れを断念する決定を受け、AFP通信は20日、「世界の多くの人々にとっては主にテレビ用のイベントとして形作られ、国際的な祝祭という雰囲気はほとんどない」と報じ、異例の大会になる見通しを伝えた。さらに、新型コロナウイルスの影響で日本国内の世論は大半が今夏の開催に反対していることも改めて紹介した。


https://ameblo.jp/honji-789/entry-12663832884.html

本澤先生、こんにちはまた創価学会員のツィーターされた分を送ります。八千代、青柳

静かに創価学会を去るためにbotさん(@TaiwaBot)が6:37
午後
on
,
3

22,
2021
にツイートしました:何度でも言います、私が50年間信じてきた創価学会は間違いだった。誰しも自分の間違いを認めることは辛いことです。ましてや人生の根幹をひっくり返されることを、そう易々と受け入れられるわけがありません。しかしそこは勇気を出して立ち向かわなければ、間違ったままで終わらせることになります。(https://twitter.com/TaiwaBot/status/1373931843817328645?s=03) 

« 最高裁を信用できない日本国民<本澤二郎の「日本の風景」(4033) | トップページ | 日本の警察力<本澤二郎の「日本の風景」(4035) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最高裁を信用できない日本国民<本澤二郎の「日本の風景」(4033) | トップページ | 日本の警察力<本澤二郎の「日本の風景」(4035) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ