« 新たな安倍疑惑?<本澤二郎の「日本の風景」(4021) | トップページ | 清和会OBの愛党精神全開<本澤二郎の「日本の風景」(4023) »

2021年3月12日 (金)

怖いカルト教団<本澤二郎の「日本の風景」(4022)

怖いカルト教団<本澤二郎の「日本の風景」(4022)

<母親と「ママ友」の5歳児餓死事件は創価学会の仲間同士だった!>

 いつも政治の話題をする友人が、福岡県の幼児餓死事件を話始めた。何のことか合点がいかない。5歳児を餓死させた母親と、もう一人の「ママ友」が関係、二人が逮捕されたことに触れ、彼は「公明党創価学会にとって、さらに大きなダメージとなる」と決めつけたところで合点した。

 

 「餓死事件と創価学会?犯人の二人とも学会員か」と聞くと、彼は躊躇なく「そうだ」と即答した。もうかなり報道されているようだ。社会事件について無関心をかこっている人間だから、急いでインターネットにアクセスしてみて、なるほどと納得した。

 

 あるわあるわ映像まである。「ママ友」の意味も分かった。大分太っている女性だ。感じとして、失礼ながらいい人間ではないらしい。二人の同じ信仰者による幼児餓死事件から、当然のことながら「木更津レイプ殺人事件」もよく見えてきた。

 

 こちらは、市民に姿を変えたやくざが、そうとは知らず「親切な大工」と信じた美人栄養士をレイプ、性奴隷の挙句、逃げ出そうとした途端、殺人的脅迫を受けて、突発性の大動脈りゅう破裂で即死・殺害した性凶悪事件である。そうしてみると、信者仲間の信頼関係を悪用する悪党の存在が、その実、狂信的な宗教団体の恥部・弱点なのだ。

 

<「木更津レイプ殺人事件」もやくざ強姦魔と栄養士は学会員同士>

 犯人も被害者も同じ学会員、それゆえに起きた性凶悪殺人事件である。千葉県警と木更津署は、捜査から逃げまくっているが、いつまでそれが続くのであろうか。

 

 やくざが教団内に潜んでいる例は、今では珍しくないらしい。市民に姿を変えたやくざは、妻にデーサービス「かけはし」を営業させている。現在も。介護施設認可の場面で「公明党議員が協力した」との疑惑も浮上している。

 

 美人栄養士は、同じ学会員の仲間に誘われて、やくざ経営のデーサービスでバイトを始めた。そこで「かけはし」経営のまともな学会員の主人と信じて、一人住まいの瀟洒な住宅の玄関の修理を依頼して事件は起きた。3本指の入れ墨オオカミによって、自宅内で難なく強姦されてしまった。確たる状況証拠から、容易に推認できる強姦殺人事件である。やくざにつかまった女性は、誰であれ、声を上げることも逃げることも出来ない。このことに日本の女性は、今も気付いていない。

 

 普段は、男性を自宅に上げるようなことはしなかった栄養士だった。しかし、信仰仲間を信じ込んでしまい、デーサービスの女性経営者の夫までも「親切な大工」と信頼して自宅に上げてしまった。彼女の友人は「その場に知り合いを誰か呼んでいれば、悲劇は起こらなかった」と悔やんでいるが、その当たり前の理屈が、信仰仲間に通用しなかった。とどのつまり、彼女の最後は、命から家財産すべてを奪われてしまった。

 

<信仰仲間による信頼の価値観が引き返せない犯罪へ>

 一般に信仰仲間という人間関係は、特異なもので、そうとう危険性をはらんでいるということを、幼児餓死事件と「木更津レイプ殺人事件」が教えている。ここを理解する必要があろう。創価学会だけのことか。多くのカルト教団の共通課題であろう。声を大にして叫ぶべきだろう。

 

  「まさか」の事態が起きても、あるいは「おかしいのではないのか」と思ってみても、同じ信仰仲間による特別な信頼の価値観が優先することになる。陰湿で大胆な悲劇的事件は、宗教が関与することで発生しがちなのだ。

 

 歴史を紐解けば、大規模なものでは、欧州で「十字軍」、日本では「国家神道」による侵略戦争であろうが、個人的なレベルだと、宗教仲間同士による犯罪も珍しくないのだろう。

 

 多少とも生活が落ち着いてくると、宗教は衰退期に向かう。今がそうだろう。政治に緩みが出て腐敗が常態化するように、教団内でも同様である。公明党議員の銀座通いは、氷山の一角に過ぎない。池田大作が現場から離れて、およそ10年ほどという。公明党の右翼化と腐敗、そして学会関連事件は、急増しているに違いない。

 

 餓死事件は捜査の手が入ったが、やくざ強姦魔による悲惨な「木更津レイプ殺人事件」は、迷宮入りを狙っているようだが、それは無駄なことである。人間の命は、地球よりも重いのだから。遠山事件を処理した婦人部の女傑の対応に、まずは期待してみたい。

 

 間違いなく公明党創価学会は、存亡の危機に追い込まれている!

2021年3月12日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

碇容疑者と幼稚園の「ママ友」の赤堀恵美子容疑者(48)は、20198月ごろから碇容疑者の三男の翔士郎(しょうじろう)ちゃんの食事の量や回数を減らし、20418日に餓死させた疑いで今月2日、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された。 (毎日抜粋)

http://www.asyura2.com/21/senkyo279/msg/556.html 

10年目の311

在 2021-03-12 10:29:01,kazojimasa@docomo.ne.jp 写道:
>本澤先生、いつも>お疲れ様です。昨日>5,30分から東電本店前で>抗議行動に参加して>来ました。原発反対>なんて当たり前です。>線量が高く人の住めない双葉町に似付かぬ>はこもの施設オンパレード、復興をやってる感だけでスーパーで>買い物も出来ず(双葉にスーパーが無い)。双葉>から約60kM離れた>郡山市に毎年反原発の>デモに参加して来ましたが昨日は東電前デモ>に、何故EUより(波力、>風力、太陽熱、地熱、)>日本は9倍恵まれている>25年前は太陽熱パネルで世界一今は欧州より10年遅れをとっているそうです。再生可能エネルギー政策で失敗、制御不可能な原発政策で失敗、何故国の肝いりで?東芝がWHを買収して大赤字失敗、>地震大国日本には未来>永劫不必要で厄介物>ですね。計上予算の>見直し=失敗かもを認め>無い権威主義予算が>日本の税金の無駄遣い>と利権に群がる政治家が居る限り生活が苦しくなるばかり、性善説を逆手に安倍の犯罪は>日本を滅ぼしました。
>1980年代世界のメーカー100社中に日本企業は>35社右肩上がりの時代が有りました、今は>トヨタがかろうじて?>東京オリンピックも>犯罪者集団の餌食です>コンパクトな大会を?>国立競技場をリニューアルとか言ってアッと>言う間に解体、アンダーコントロールとか>嘘つき野郎が抜かして>コロナで此のザマです>先生だらだらすいませんです。m(__)m
> 3/12 仲村
>東北新社、ガースーの>息子です。此の映像は>接待した時のショットだそうです

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/d903528786367a56e59c152dbf9bf359ad2b1449

« 新たな安倍疑惑?<本澤二郎の「日本の風景」(4021) | トップページ | 清和会OBの愛党精神全開<本澤二郎の「日本の風景」(4023) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新たな安倍疑惑?<本澤二郎の「日本の風景」(4021) | トップページ | 清和会OBの愛党精神全開<本澤二郎の「日本の風景」(4023) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ