« NTTの政府攻略施設<本澤二郎の「日本の風景」(4024) | トップページ | 東芝の人殺し?<本澤二郎の「日本の風景」(4026) »

2021年3月15日 (月)

ワクチン大丈夫か!<本澤二郎の「日本の風景」(4025)

ワクチン大丈夫か!<本澤二郎の「日本の風景」(4025)

<政府のPCR検査方法にプロの抗議が徐々に拡大している!>

 五島列島の出口さんが、新型コロナウイルス?に関する資料を沢山送ってくれた。ワクチンに無知な人間は、例によって理解する能力がない。情けないことに「ワクチンよ、早く出てこい」と思っていたのだが、出口さんの資料はワクチン無知人間の思いと全然違う。

 それにしても、市民の研究熱心な成果(資料)には圧倒される。世の中には、様々な人がいるものである。彼は疑問・懸念を抱く専門家の資料を集め、それを自分なりに咀嚼したものを、筆者にも送ってきた。そのことに頭が下がる。

 

 資料は、感染の有無を測定するとされるPCR検査が、いろいろあって、その仕方で感染の有無に違いが出るということらしい。

 

 コロナ退治で成果を上げている、台湾と日本の方式は違う。初めて知ったことだ。「PCR検査は、30サイクル以下でないと間違ってしまう」という。むろん、彼の研究ではなく、専門家の指摘なのだ。日本は40サイクル以上で検査している。厚労省と官邸の専門家に聞きたい。「30サイクル以下で出来ないのか。出来ない理由を国民に説明して欲しい」と強く働き掛けたい。

 

 DNAとかRNAと説明されても、全く分からないのだが、せめて厚労省は「30サイクル以下のPCR検査は、これこれの理由で間違いだ、と国民に理解できるように説明して欲しい」のである。

 

 日本人のワクチンアレルギーのことを、3月14日のNHK日曜討論でも気付かされたのだが、参院与野党議員はおしなべてワクチンに対する疑問がない。いわんやPCR検査についても無知で無関心だった。

 

 政治家や政治屋にワクチンのことを聞く方が無駄なのだとしても、安直な日本のPCR検査との強い指摘は、軽く受け流すことは出来ない。タムゲンの息子は答えられるか?

 

<遺伝子ワクチン副作用は心配ないのか?いま誰も分からない!>

 出口さんの資料によると、日本人はあわててワクチンを打つ必要はない、むしろ、目下開発された遺伝子ワクチン?は「危険である」というのである。確かに武漢で発覚してから、半年余でまともなワクチンが出来ること自体がおかしい。しかも、副作用の有無について、誰も分からないのである。

 

 人類がワクチン開発で成功した例は、天然痘ワクチンくらいだという。数年前、中国で大騒ぎになったSARSでさえも、ワクチンは成功しなかった。今回の「新型コロナウイルス?ワクチン」がどうして出来たのか。どのような原料・物資を使用したものか。有毒ではないのか。国民は知らない。

 

 欧米は慌てて認可、それを日本政府も数日で認可したと記憶している。早くても数年かそれ以上の時間をかけないと、効果と副作用を確認できない。これくらいのことは、素人でも理解できる。

 

 せめて日本政府は、これこれの理由で、効果もあり安全であるので認可したと、国民に分かりやすく説明する必要があろう。それをしていない。新聞テレビも野党さえも追及していない。

 確かに怪しい。おかしくないか。

 

 しかも、遺伝子ワクチンだという。よって「遺伝子組み換え人間」が生まれるかもしれない、との警告も出されている。また「不妊症になる」との警鐘も鳴らしている。「そんなことはない」という説明をすべきだろう。

 

<厚労省はなぜしっかりと説明責任を果たさないのか、出来ないのか>

 以上の疑問・疑念は、各国の専門家の意見・警告をまとめたものである。市民の意見ではない。

 日本人のワクチン・アレルギーのことさえ知らなかったジャーナリストだったが、指摘される問題については、素人でも共有できる。いま空前のワクチン開発企業は、莫大な利益を上げている。

 

 PCR検査企業でさえも、儲かって笑いが止まらないという。しかし、その暴利が納得できるような、検査なのかどうか、本当に安全で効果のあるワクチンなのか。変異・変異のコロナウイルスを退治できる?そんな簡単に出来るわけがないだろう。指摘されると、確かに疑問だらけである。

 

 政府は、安全だ、効果がある、これこれの理由も、証拠もあると説明する義務があるが、それを果たしていない。出来ないのだろう。

 

<個人でできることは免疫力を低下させないことに特化することだ!>

 ならば個人で出来る予防策は、一つである。それはウイルスに抵抗できる免疫力を維持する、出来ればそれを高める努力が必要である。それは何か?

 

 睡眠である。睡眠不足が健康を悪化させる。免疫力を低下させる原因である。

 均衡のとれた食事も不可欠であろう。貧困家庭には厳しい。しかし、質素倹約の中で、工夫すればなんとかなる。白米ばかり取っていては、ビタミン不足で体調を崩す。玄米食がいい。穀物粥も最高である。肉類も。我が家では、賞味期限ギリギリの割安の魚肉や肉でやり過ごしている。野菜もしっかりとろう。庭先の菜を活用している。

 

 軽い運動も大事だ。多忙人間は、地下鉄やバス停の下車する手前で降りて、歩くのである。気分転換に少しアルコールを取るのもいかもしれない。飲み過ぎはNOだ。ストレスは重い病の原因となる。

 

 これまで筆者は、中国などに出かけると、つい暴飲暴食して風邪を引いたり下痢をした。しかし、途中から解消した。出かける前にかかりつけの医院で、ミノファーゲン製薬の肝臓の特効薬で有名な「強ミノ」を打つのである。副作用なしだ。それでいて免疫力が高まる。ところが、最近になって医院にねだってもOKしない。なぜか?

 

 思い出した。錠剤が薬局で売っているはずである。錠剤を探そうと思う。本当なら注射がいい。保険を使うと安い。酒飲みには最高の薬ではある。

 

(共同)新型コロナウイルス感染症を抑え込む〝最終兵器〟として期待が集まるワクチン。国内では2月、遺伝物質を利用した最新型の米製薬大手ファイザー社製ワクチンが製造販売の承認を受け、海外から続々と運び込まれている。政府は医療従事者への接種を開始し、6月までに計約1億回分(約5千万人分)を調達できるとの見通しを示す。一方で、接種に伴う副反応や市中で広がりをみせる変異株に効果があるのか気がかりなところだ。接種によって起きる重い副反応「アナフィラキシー」が、先行している欧米に比べ多いのではとの指摘もある。(杉田正史)

 

<菅内閣は主権者の深刻・重大な疑問に耳を傾け、説明責任果たせ!>

 私は、専門家の先生方の話を何十時間も聞き、PCR検査の話も様々な人のやり方を聞きました。PCR検査は30サイクル以下でやらなければ陽性診断になる。PCR検査のデタラメな金儲け利権と、ワクチン打つ為の策略ではないか。その先は、デジタル化AI監視管理社会にする。PCR検査は、試験管の中で検体一部をDNAプライマー=塩基一部をくっつけ加熱95度、冷却60度また加熱70度にします。ヌクレオチドという塩基の一部をくっつけ長い2本鎖の遺伝子情報を作り、ここまでを1サイクルといい、繰り返しサーマルサイクラーのコンピューター機械で、コピーを増やし2本鎖を長く増やします。これで陽性診断レベルの蛍光測定感度が感知して、陽性診断されます。PCR検査販売会社の記載に、本来なら40ct(サイクル?)は陰性にするべきとの内容がある。高橋徳先生の話。今、民間が唾を採り検査するが唾はもっと不正確と思います。肛門から検体採取を中国がやっている。肛門を見せるのは恥ずかしいですが便にウイルスは存在するから的を獲ていると思います。日本政府は、説明責任を果たしていない。疑問だらけで不安です。(五島列島の出口さんの叫び)

 

【ロンドン時事】世界経済フォーラムとフランスの調査会社イプソスが12日発表した国際世論調査によると、新型コロナウイルスワクチンを1カ月以内に接種したいという人の割合は、日本で49%だった。国際的には低水準にとどまっており、様子見を決め込む人の多さが目立った。
2021年3月15日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

« NTTの政府攻略施設<本澤二郎の「日本の風景」(4024) | トップページ | 東芝の人殺し?<本澤二郎の「日本の風景」(4026) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NTTの政府攻略施設<本澤二郎の「日本の風景」(4024) | トップページ | 東芝の人殺し?<本澤二郎の「日本の風景」(4026) »

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ