« 江戸の参勤交代復活!<本澤二郎の「日本の風景」(4027) | トップページ | ワクチン不良品!?<本澤二郎の「日本の風景」(4029) »

2021年3月18日 (木)

ヒラメ判事釧路で浮上<本澤二郎の「日本の風景」(4028)

ヒラメ判事釧路でまた浮上<本澤二郎の「日本の風景」(4028)

<堂々と平和憲法9条違反と判決できなかった裁判長・新谷祐子>


筆者は、安倍・自公・日本会議が強行した特定秘密保護法・安保法制という自衛隊参戦法・共謀罪を「戦争三法」と分析、憲法の9条に違反するという立場を貫徹してきている。

 裁判所の判事は、それぞれ独立して憲法の番人ゆえに、主権者たる国民は、尊敬もし、信頼してきている。他方、にもかかわらずその重大な責務を放棄する無責任な判事もいる。称してヒラメという魚のような判事が、間違いなく存在する。北海道の釧路裁判所に現れた。新谷祐子を、典型的なヒラメ判事として認知する必要があろう。

 

 全体の奉仕者失格である。猛省すべきだろう。一般的に女性は、男性に比べて平和主義に強い信念を抱いている。憲法と自らを裏切ったことになる。

 

<出世して甘い蜜に群がるチョウか、それともハエ・ゴキブリか?>

 出世志向は、最近の総務省汚職事件でも証明されたが、女性の役人も男性と差異がないことを、主権者は無理やり学ばされてしまった。

 

 高いところから、権力・権威を振りまきたいのであろうが、判事は憲法の番人である。行政府や立法府の、過ちを正す重責を帯びている。釧路裁判長は、この当たり前の原則を守ろうとせず、政府と立法府に屈してしまった。

 

 判事失格が出世を約束する日本の司法制度に問題があるのではなく、司法に携わる人物が腐敗している、そのためである。

 甘い蜜に群がるのは、生き物の習性に違いないが、チョウならまだ格好いいが、ハエやゴキブリだと有害である。

 

<三権分立を理解していない・憲法の番人放棄のヒラメ判事>

 民主主義と独裁・衆愚政治の、決定的な違いは、前者は三権分立を原理原則に掲げ、それを貫徹している所にある。

 

 釧路の女性裁判長は、三権分立と憲法の番人という、極め付きの約束を守らなかったことになる。判事どころか、法律家としても資格が問われるだろう。定年後の弁護士業務も、信頼されることはないだろう。

 

 ヒラメ判事が支配する司法は、存在価値を失う。おなじくヒラメ警察とヒラメ検事の司法組織を目撃してきている主権者には、この現実は耐えられないことである。最高裁の改革を、議会と政府に呼びかけねばなるまい。

 

<議会は問題判事を弾劾裁判にかける責任がある!>

 国会は、憲法の命じるところ、弾劾裁判所の設置に遠慮してはなるまい。罷免されるような裁判官を、罷免する弾劾裁判所を活用するのである。

 

 憲法の番人らしい番人でない裁判官・判事を罷免することに、主権者もまた積極的に行動を起こすべき時であろう。司法にカツを入れる時代である。

 

 三権の緊張関係が、民主主義を正常に機能させる決め手なのである。一般人も、これくらいのことが理解できるよう、学校教育でしっかりと教え込むことが不可欠である。

 

<主権者は違憲(9条違反)の戦争三法に屈してはならない>

(報道記事) 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法は平和的生存権などを侵害し違憲だとして、北海道釧路市など道東地域の住民ら200人余りが国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が16日、釧路地裁であった。新谷祐子裁判長は憲法判断を示さず、請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

<婚姻の自由の札幌地裁判決はまともな憲法判断>

同性同士の法律婚を認めないのは「婚姻の自由」などを保障した憲法に反するとして、北海道内のカップル36人が慰謝料各100万円の支払いを国に求めた訴訟の判決で、札幌地裁(武部知子裁判長)は17日、違憲性を認めつつ、請求を棄却した。全国5地裁で争われている同種訴訟で初の判決。今回の違憲判断が他の訴訟に影響する可能性もある。 (毎日)

 

<友人からのお便り>

本澤先生、お早うございます。いつも配信ありがとうございます。(東芝製品不買運動の会)立ち上げさぞかし(田中久重)も涙を流している事でしょう。私が会社員だった頃私の部下のお父さんが東芝機械の部長職
旧ソ連にスクリューの研磨機?を輸出しココム違反で逮捕退職を余儀なくされ、本人も一昨年旅立ちました
国の原発政策に命運をかけたのでしょうか?一時は株市場でも2部迄下げ原発の他国との契約も全滅、安全神話を3,11が実証してくれました。2万人いるとされる原発産業に携わる人が年々減少し廃炉迄のロードマップどころか10年経って新事実が続々出て来て居ます、汚染水の問題も未解決孫子の代でも解決は無理でしょう。犯罪者安倍のせいで日本は地獄のトンネルを高速でつっ走り、其に無関心な国民が喜んで乗り自分さえ良ければのていたらく…16年前頃社内調査でバックアップ電源を6m上げていれば多分事故は防げたはずです。400億円ケチって100兆円以上此を国民に押し付け経営陣に金銭的な賠償責任は無い、無責任な
のは嘘つき野郎の安倍を議員にしている国民かもしれません。今日(安保法制違憲訴訟埼玉)の裁判が浦和裁判所で有り安保法制裁判は全国で25ヵ所、裁判官の判断しない請求棄却です、此で9連敗です 3/17 仲村

2021年3月18日記(東芝製品不買運動の会代表・政治評論家・日本記者クラブ会員)

« 江戸の参勤交代復活!<本澤二郎の「日本の風景」(4027) | トップページ | ワクチン不良品!?<本澤二郎の「日本の風景」(4029) »

恐ろしい国」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 江戸の参勤交代復活!<本澤二郎の「日本の風景」(4027) | トップページ | ワクチン不良品!?<本澤二郎の「日本の風景」(4029) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ