« 9・19異変<本澤二郎の「日本の風景」(3850) | トップページ | 史上最低の継続内閣<本澤二郎の「日本の風景」(3852) »

2020年9月21日 (月)

黒子が主役<本澤二郎の「日本の風景」(3851)

黒子が主役<本澤二郎の「日本の風景」(3851)

<世界では想定できない・ありえない安倍後継の黒子登板>

 その日から6日経った。清和会OBの「日本人をやめる」と宣言した意味がじわじわと五体に浸透してきている。無気力な日本人の一人であることに、いら立ちを感じて、素朴な分析を披露することにした。黒子が檜舞台で舞(まい)を舞って、それを観客は税金を払って観劇している!

 

 安倍劇場の舞台装置の大仕掛けと巧みな演出に、1億2000万人の日本国民は見事に騙されてしまっている。腐りきった世の中の掃除を担当している法務検察は、むろん、黒子が主役を演じるという、信じがたい腐臭に満ちた舞台のカラクリを認識しているはずだ。

 

 奴隷化したような無知の羊の群れも承知している。何とかしたい、と考えている検事は多いはずだが、目の前のジャパンライフという、善意のお年寄りを騙して詐欺行為を働いてきた天才的詐欺師の山口隆祥、そこから巨額献金を受けてきた清和会などの悪党どもが防護服を着て、警察庁などに圧力をかけてきたことを、しかと認識している。

 

 防護服の中には、安倍晋三の父・晋太郎と腐れ縁の加藤六月の娘婿、官房長官の勝信いた、と事情通は指摘している。目下、内閣記者会の甘すぎる追及に、国民はいら立ちを覚えている。望月記者の出番だ。

 

 冷静に考えてみると、実に恐ろしいことが起きていることに気づく。あってはならない黒子が首相になり、その黒子首相を死守する黒子が、現在は巨大詐欺事件の渦中にいるということなのか。しかも、彼はそこから竹下派を乗っ取り、菅の後継者を狙うという。第二の菅なのか。

 

 安倍政治7年8か月の負の遺産を凝縮している。林検察は、早くも正念場を迎えている。その責任は、国民・主権者・納税者に対して負っていて重い。

 

<それでも新聞テレビは宣伝報道に躍起=電通指令に屈服か>

 議員宿舎から官邸に散歩がてらの通勤は、立派な公邸の、不必要な大掛かりな内装工事が終わるまで続くのであろうが、これはこれで新聞テレビの宣伝にもってこいなのだ。

 

 彼が毎日、近くの高級ホテルで、各方面の「御用」と名のつく学者・文化人・言論人・評論家・宗教関係者など、そして電通の工作人らと、幅広く人脈を構築してきた様子を初めて知ったばかりである。この中には、ハマのやくざも含まれていたのかもしれない?警視庁のSPしか知らないかもしれない。彼がまじめに警視総監に報告していたのかどうか?

 

 そんな黒子首相を、笛や太鼓で賑わしている新聞テレビも哀れだが、その宣伝記事を読まされる方も大変である。これらのほとんどが、大魔神・電通の工作員が全体像を描いているのだろう。急いで、菅の弱点である外交を突出させているのも興味深い。トランプとの電話は滑稽である。

 

<安倍犯罪もみ消し・不正隠し・強姦魔救済の司令塔からの大転身?>

 TBS強姦魔・山口敬之の逮捕状を握りつぶした、当時の警視庁刑事部長の中村格は、その前に菅官房長官秘書官をしていた。山口は安倍の御用記者で有名だったことから、強姦事件をもみ消すために安倍に泣きついたはずである。現場の実行部隊の責任者が、菅の取り巻きの警察官僚だった、というのが、大方の認識である。

 

 清和会OBは「山口は薬物を使って、伊藤詩織さんを酩酊させて、ホテルに連れ込んで強姦した。彼女のパンツまで奪おうとした悪辣な手口から、相当の年季が入っている証拠だ」と語っている。

 

 この悪辣非道な事件は、英米でも報道されて、国際的に知られている。彼女の支援者は、声をかければいっぱい集まるだろう。

 「菅応援団の広告会社の滝という人物に、菅が山口を紹介、顧問料41万円を出させている」という、これまた世人が仰天するような話題も飛び出している。

 モリカケのもみ消し実行部隊の司令塔も、菅という見方が定着している。

 

 安倍の泥被り専門が、黒子から首相の座を手にしたものであろうから、主権者の日本国民もなめられたものである。憲法・民主主義が泣いている。

 

<悪人が権力を握ると?ハマで仕込んだやくざ殺法か>

 「脅したり、すごんだり、ドーカツしたりというやくざの手口を体得した黒子」と指摘する向きもあるが、横浜育ちの知り合いは「当然でしょう」と賛成してくれている。そこから教養とか読書、研究といった為政者としての徳目は皆無だ、との分析にもつながる。

 品性を好むとされる官僚が、最も苦手とする人物なのだ。その菅を操り人形として使う安倍・日本会議の院政でもあろうことも想定される。

2020年9月21日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

« 9・19異変<本澤二郎の「日本の風景」(3850) | トップページ | 史上最低の継続内閣<本澤二郎の「日本の風景」(3852) »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9・19異変<本澤二郎の「日本の風景」(3850) | トップページ | 史上最低の継続内閣<本澤二郎の「日本の風景」(3852) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ