« 大魔神の影<本澤二郎の「日本の風景」(3830) | トップページ | あっぱれ電通<本澤二郎の「日本の風景」(3831A) »

2020年8月31日 (月)

公明党をつぶせば明日がある!<本澤二郎の「日本の風景」(3831)

公明党をつぶせば明日がある!<本澤二郎の「日本の風景」(3831)

<忘恩・裏切りの徒を震え上がらせる野原節の炸裂!>

http://www.asyura2.com/20/senkyo275/msg/367.html

 このURLのコメント7に、山本太郎顔負けの野原善正の見事な演説が貼り付いている。気づくのに少しばかり時間がかかったが、これをクリックすると、誰しもが大喝采をするであろう、沖縄の勇士・野原節が飛び出す。日本の政治改革の根幹を教えてくれている。

http://www.asyura2.com/20/senkyo275/msg/367.html

 この8年近い史上最低最悪の自公政治によって、財閥1%は肥え太って喜んでいるが、そのツケを弱者の民衆が負担を強いられてきた。若者たちは、正規の社員になれない、いつでも首を斬られる非正規労働者で、収入は激減してしまっている。結婚も出産もままならない。夢も希望も喪失させられている。

 

 大事な福祉・年金基金が危険な株式に投入、その株買いの主犯は中央銀行の日銀である。本末転倒の狂った経済政策によって、不信と不安が渦まく日本列島だ。

 

 あまつさえ「戦争三法」を強行、米国の戦争に自動的に巻き込まれるという「戦争国家」に変身させられてしまったのだが、その元凶が平和と福祉をないがしろにして、日本会議の極右・安倍内閣に服従・支援をしてきた公明党創価学会の赫々たる実績である。

 

 「おかしい。池田先生の教えに反している。今の公明党創価学会執行部は、忘恩の徒・裏切りの徒ではないか。まずは公明党をぶっ潰すことが、日本に夢と希望をもたらしてくれる」

 野原節は、500万世帯ともいわれる公明党創価学会に対して、実に分かりやすく訴えている。聴衆の反応は、山本を優に超えている!

 

 一人でも多くの人が、この野原節を見て、聞いて欲しい。

 

<「平和を忘れ、国民をいじめる公明党は、直ちに潰せ」と創立者厳命>

 国民の多くは、公明党の前身である公明政治連盟を知らない。野原は知っていた。その際の創立者・池田大作の厳命も記憶していた。

 すなわちそれは、平和を忘れ、国民をいじめる政党になれば存在価値はない。「潰しなさい」と言明していたという。

 

 このことを太田ショウコウも山口那津男ら公明党幹部は、みな知っている。創価学会会長の原田も知っている。彼らは承知の上で、戦争党になることを選択したのだ。確信犯である。

 野原節の真骨頂は、正にここにある。彼は繰り返し叫んでいる。聴衆の拍手は止まない。迫力満点である。公明党創価学会は誰も反論できない。沈黙して嵐が通り過ぎるのを待っている、という無様な有様である。

 

 野原節の公明党攻撃は、馬力が弱くなった共産党でも出来ないだろう。

 

 池田は後継者作りに失敗したが、不正と腐敗まみれになる公明党の将来をある程度予測して、政党を立ち上げたのだ。「権力は腐敗する」を熟知したうえで、カンヌキをかけて誕生させたのだ。ここは凡人のレベルを超えている。

 

<謎のコメント7「LADY IN SATIN」はお見通し>

 この野原節をコメント欄に貼り付けてくれた人物なのか、グループなのか、「LADY IN SATIN」という謎の面々であるが、おそらく目覚めた創価学会婦人部の人たちであろう。

 

 野原節の核心的な演説を撮影して、それを大衆に見せてくれたのだから、まずは感謝したい。これが列島に流布すれば、公明党創価学会の執行部は、すべて責任を取って辞めることになろう。

 

 忘恩・裏切りの徒らが、長期間、生き延びることはない。仏教の因果の法則は、科学論とも一致しているのだという。

 

<阿修羅「創価学会婦人部編漫画大注目」のコメント欄注視>

 ネット社会は、様々な出会いや材料を提供してくれる。先日の「創価学会婦人部編漫画大注目」にしても、ネットで発見したものだ。護憲リベラルの不安を見事に漫画で解説、国民に油断大敵を教えてくれている。

 池田門下生を自認する野原は「これこそが池田の理念」と信じて疑わない。今の沖縄を象徴している。木更津の戦争遺児に次いで、沖縄の野原ら池田門下生が決起した。いまや燎原の火のように、列島から世界へと広がっている。

 

<激震!公明党創価学会瓦解と日本の政治改革>

 思うに体調を崩した池田の今を知らないが、弟子たちの裏切りに怒り狂っているだろう。野原のいう「創価改革」は、池田の意思を体した野原が、池田親衛隊長となって、目下、蛮勇を振るって信濃町の不正と腐敗に立ち向かっているのかもしれない。公明党瓦解が、日本の政治改革を先導する!

2020年8月31日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

« 大魔神の影<本澤二郎の「日本の風景」(3830) | トップページ | あっぱれ電通<本澤二郎の「日本の風景」(3831A) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大魔神の影<本澤二郎の「日本の風景」(3830) | トップページ | あっぱれ電通<本澤二郎の「日本の風景」(3831A) »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ