« 日本崩壊過程<本澤二郎の「日本の風景」(3809) | トップページ | 夢か現か<本澤二郎の「日本の風景」(3811) »

2020年8月10日 (月)

心臓逃げるな!<本澤二郎の「日本の風景」(3810)

心臓逃げるな!<本澤二郎の「日本の風景」(3810)

<恥ずかしくてたまらない日本国民、広島に次いで二度目>


かりそめにも、安倍晋三は一国の代表である。それでいて、いつも逃げ回っている。窃盗犯を自認しているとしか感じられない。

 

 いま憲法が命じる臨時国会の開会要請から、まるで逃亡犯のように逃げ隠れしていて、それを恥じないのだから、何らかの方法で拘束するほかないのか。議会だけではなかった。8月6日の広島、同9日の長崎でも、大事な記者会見を、事実上、すっぽかすような対応で逃げた。

 

 これまで「逃げる」「逃亡」という文字を繰り返して書いてきた。もう止めにしてほしいとの国民の怒りは、遠吠えから叫びに変わってきている。

 

 

<被爆国、それでも核禁条約から逃げる晋三・自公内閣>

 日本は世界で唯一の被爆国である。広島・長崎の原爆投下は、どのような理屈をつけようが、人道上許されるものではない。

 

 「ピカドン」で一瞬にして10万人、20万人の市民を殺害、運よく生き残った人々にも生き地獄を強いる放射能被害は、この世のものではない。まして沖縄も東京も焦土と化し、中国侵略日本軍にソ連軍の参戦が決まっていたし、現実問題として、日本の財閥と軍閥は息の根を止められていた。

 

 不思議なことは、東京大空襲から、なぜ明治が創造した「神の天皇」が所在する皇居を外したのか?ありえない、神の祟りを恐れたわけではないだろう。当時からワシントンは、天皇利用による、対ソ連工作、そのための沖縄占領などであったろう。

 

 21世紀の今日までも、アジア戦略の根拠地にしようと考えていたとすれば、悪しき米外交の唯一の成功例といえるだろう。

 

 本題に戻ると、毎年恒例のように、両被爆地の市長や被爆者の団体は、首相に対して、国連の偉大な成果である、核禁止条約に署名・批准を、強く強く訴えてきたのだが、今年も安倍は、意図的にこの最も大事なことから逃げた。

 

 

<長崎の記者会見はたったの2問、飼い犬にも吠えられ始めたシンゾウ>

 官邸での記者会見から、逃亡の日々を繰り返してきたシンゾウも、広島や長崎では、さすがに逃亡することが出来ない。だが、会見時間はたったの18分。それも2問で逃げた。

 

 質問者は、相変わらず内閣記者会幹事社が出鱈目すぎるのだが、それはすなわち、あらかじめ彼ら質問者と官邸の報道官とで、念入りに打ち合わせをしておく。

 

 これは与野党国会での八百長質問と同じで、そこでも事前に質問通告をしておく。役人のメモを頭に叩き込んで、発言をするシンゾウであるが、それを記者会見でも演じている。

 

 内閣記者会と首相の八百長会見なのである。

 心臓は、そこで自己宣伝にしっかり時間をかけて、いやな質問を逃げるだけだ。あとは司会者の内閣報道官が「時間切れ」といって終わる。実に滑稽千万な内閣記者会と心臓の、国民を欺く様子が、さらっと新聞テレビを飾ることになる。

 

 「質問はたった2問」「まだ質問」と書いた共同記者と編集デスクの、現時点での最大の抵抗記事を紹介する。 

 

 

<足元を見られてわびし蝉しぐれ>

 以下に、共同通信と毎日新聞の記事を貼り付けた。政治評論抜きである。

 本来であれば1面を使って、政治部長を中心に番記者や長崎支局員らを交えて報道すれば、大ニュース必至なのだが。

 

 「足元を見られてわびし蝉しぐれ」という俳句が浮かんできた。心臓の働きも悪くなろう。

 

 腐敗三昧も、法務検察を掌にし、言論も新聞テレビ首脳らとの宴会三昧、背後を電通・大魔神の監視と、反骨言論人排除で敵なしの心臓である。

 

 蠅のようにうるさい野党の一角は、別動隊で固め、残る両民主党に対しては、国対費を湯水のように流し込んでいる。手も足も出ないようにさせているので、まるで朝鮮李王朝の、もっともできの悪い長期政権そのもの、との酷評がまとわりつく。

 

 この悪しき政権を擁護しているのは、電通だけではない。NHKである。

 民に災いをもたらす大魔神・電通は、姿を隠していて見えない。ぼんくらジャーナリストも、コロナが起きなければ自ら被害者であったことに気づくことがなかったろう。

 

 直接的影響力は、NHKである。とうの昔からNHKは公共放送という法的拘束力を排除して、晋三の広報宣伝と化して久しい。司法は違法NHKを擁護している。おそらく電通とNHKも同根かもしれない。日本に革命政権が出来るとは想定できないが、歴史は必ず両者の関係を暴くであろう。

 

 逃亡シンゾウを擁護する、電通とNHKを監視する国民でありたい。両者が日本の運命を握っている、と現時点で結論付けることが出来るだろう。国民のさらなる覚醒を求めたい。

 

 

 

安倍晋三首相が9日に長崎市で行った記者会見は質問2問で終了した。地元記者と同行記者から1問ずつ質問を受ける予定通りとなった。会場から「まだ質問があります」との声が複数上がったが、追加は受け付けず、首相はそのまま立ち去った。会見時間は約18分間。新型コロナウイルスの国内感染状況に対する現状認識と対応方針を巡る説明に約10分を費やした。6日の広島市での会見では、追加質問で会見を長期間実施しなかった理由を問われ「節目、節目において会見を考えている」と答えた。(共同)

米軍が長崎に原爆を投下してから75年となる9日、原水爆禁止長崎県民会議は長崎市の爆心地公園で核兵器廃絶を訴えて座り込みをし、約150人が参加した。被爆者たちは、日本政府が核兵器禁止条約に賛同せず、長崎を訪問した安倍晋三首相が長崎原爆資料館を今年も訪問しなかったことに怒りの声を上げた(毎日)

2020年8月10日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

« 日本崩壊過程<本澤二郎の「日本の風景」(3809) | トップページ | 夢か現か<本澤二郎の「日本の風景」(3811) »

安倍晋三」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本崩壊過程<本澤二郎の「日本の風景」(3809) | トップページ | 夢か現か<本澤二郎の「日本の風景」(3811) »

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ