« 初めての田布施記事<本澤二郎の「日本の風景」(3709) | トップページ | 王道と覇道<本澤二郎の「日本の風景」(3711) »

2020年6月10日 (水)

霞が関は犯罪集団<本澤二郎の「日本の風景」(3710)

 

霞が関は犯罪集団<本澤二郎の「日本の風景」(3710)

<長州の田布施町(jlj0011ブログ)だけではなかった!>

 昨日のブログで、中国新聞の特ダネ記事を紹介したが、それは町政の不正を通告した職員を、表彰するどころか、反対に異動・隔離している田布施町の違法行為事件である。首相官邸や霞が関は、今では「犯罪のるつぼ」と化していることを、国民は日々の報道で知っている。

 

 すなわち、霞が関や官邸で働いている国家公務員は、刑事訴訟法が明記する告発義務違反・通報義務違反者ばかりなのだ。神社の賽銭箱から10円盗んでも、警察は窃盗犯として犯人逮捕をする。

 

 法の下の平等を原理とする日本国憲法下で、霞が関全体が犯罪集団と化している可能性が高いことに、主権者は気づくべきだろう。新聞テレビが報道する重大事なのだ。

 

 

<刑訴法の通報義務を怠ると隠ぺいの罪にも問われる!>

 犯罪を詳細に明記している刑法、その手続法である刑事訴訟法の239条は、1項で、誰でも犯罪の疑いがあることが分かれば警察・検察に告発できる。筆者の場合、木更津レイプ殺人事件について、千葉県警木更津署に通報、告発状も出している。2項は公務員の場合、通報義務を課している。

 

 犯罪を知って通報しないと、犯人隠匿の罪を課せられる場合も出てくる。田布施町の勇気ある職員は、そうした行為によって、職場を異動させられるという逆差別の悲運に泣かされている。中国新聞の取材に対しても町長は、反省も謝罪もしていないらしい。「安倍そっくりさん」との評価を受けているようだ。

 

 たとえば、児童虐待について児童福祉法は、通告を国民の義務と規定している。沈黙すると、罪に問われるのである。病院での異常死は、病院として警察に通報しなければならない。警察は司法解剖して、事件性や医療ミスの有無を判断しなければならない。保健所も行動する責任を負っている。

 

 わが次男は、通報しなかった東芝病院で息を引き取った。入院数時間後である。にもかかわらず、それを怠ったことで司法解剖しなかったため、東京地検の検事・松本朗は、それを逆手にとって「死因が特定していない」として東芝に軍配を上げた。

 

 この事件に黒川弘務は、関与していなかったのかどうか。ここにきて、疑念を抱くようになった自身に多少驚いている。東芝―電通ラインに黒川が関与していないことを祈ろうと思う。

 

 政治記者はその後、政治評論家をしながら30冊ほど本にして、国民のために、少しは貢献してきたはずであると自負している。ところが、最近は社会部の記者になってしまった?

 

 それは、政治家が政治屋へ、官邸が犯罪の巣になっていることと比例している。新聞テレビは、思い切って軌道修正して、不正腐敗の本質を突く世論を喚起するようでなければ、主権者に貢献できない。特にテレビ電波は、国民のものである。それを金儲けや有産者向けに悪用してはならない。右翼的不公正なコメンテーターの起用は、厳に慎むべきである。

 

 

 

<法律家は声を上げよ!>

 刑訴法の大家というと、戦後の一時期、団藤重光が独走していた。東大は赤門である。対して白門の中央大学は、渥美東洋が主導権を握った。不肖、渥美ゼミ3期生に仲間入りした筆者は、渥美教授から「優」をいただいたが、もっぱら生きるためにアルバイト生活、法律の道は閉ざされてしまっていた。

 

 世の中、捨てる神ばかりではない。拾ってくれる神もいる。筆者の単行本のほとんどを、渥美ゼミ1期生の優等生が校正してくれた。幸い名誉棄損は全くない。

 

 それにしても、安倍内閣は自公連立によって国会の議席は3分の2を確保している。安倍自身は、A級戦犯で巣鴨に拘束された岸信介に、幼いころから薫陶を受けてきた。国家主義者より国粋主義者である。岸は東京帝国大学法学部に籍を置いていたころ、有名な国粋主義者の指導を受けていた。

 

 自公3分の2議席と国粋主義を掛け合わせると、不正腐敗と独裁が開花する。官邸・霞が関からの内部告発が作動するのかどうか。無力化した野党と衰退言論機関に、力は小さい。加えて、検察が官邸に屈すると、もはや真っ暗闇の日本である。

 小さいローソクは、広島地検の河井事件捜査にかかっている。役人の通報義務違反が、安倍晋三の心臓を、コロナ禍の日本を動かしている!

2020年6月10日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

 

« 初めての田布施記事<本澤二郎の「日本の風景」(3709) | トップページ | 王道と覇道<本澤二郎の「日本の風景」(3711) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての田布施記事<本澤二郎の「日本の風景」(3709) | トップページ | 王道と覇道<本澤二郎の「日本の風景」(3711) »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ