« パンデミック大不況急襲か<本澤二郎の「日本の風景」(3605) | トップページ | 日本153億、天皇660億、韓国1兆円超<本澤二郎の「日本の風景」(3607) »

2020年2月26日 (水)

日本危機は続く<本澤二郎の「日本の風景」(3606)

 

日本危機は続く<本澤二郎の「日本の風景」(3606)

<安倍・自公内閣が招き寄せる新型コロナウイルス対策>

 知らなかった、では済まないだろう。先ほどの清和会OBの報告によると「大観光地の大阪と京都の感染者1人というのは怪しい。要するに、理由はチェック体制がないためだ。検査をしていない。病院が感染者を排除しているのかもしれない」という。指摘されて驚いてしまった。

 

 プリンセス号でも判明したことだが、全員の検査をしなかった。逃げるような検査に世界各国は、怒り狂ってチャーター機を日本に送り込んだ。

 

<検査をしない日本と検査する韓国の落差>

 昨日の政府の対策でも医療機関が、逃げまくるような施策を打ち出した。原因は、中国でも証明されたものだが、真っ先に医療関係者が感染するためだ。

 

 医師が逃げているのである。医師が感染から防御出来ないわけだから、お話にならない。検査をしないことで、感染者の数字を低く抑えこもうという策略だろうが、これは本末転倒である。

 

 嘘か真かネットに913人と3万6000人という数字が流布している。前者が日本、後者が韓国である。コロナウイルス検査をした数字であるらしい。

 韓国人は、今一斉に中国の山東省へと逃げている。彼らにとって安全の場所というのだ。韓国で爆発的に感染者が増えた理由は、日本に比べてチェック体制が完備している、そのためなのだ。

 

<すべては五輪隠し!感染数字を公表しない加藤・橋本の岡山コンビ>

 既に日本の医療大国という神話は崩壊している。安倍のために汗をかきたくない関係者も少なくないだろうが、何事もこの国の優先順序は、東京五輪を強行することだけなのだ。

 

 Hitlerまがいの独裁者の、嘘と買収で勝ち取った、東北復興を犠牲にした五輪を、何が何でも強行するというのだ。無恥無知の心臓は、過ち・犯罪を繰り返してきているが、疫病は再発もあるし、二次感染も。安倍配下の加藤ー橋本ラインの厚労省も、組織としての健全機能を喪失している。

 国民は人込みを避ける、徹底節約で10%消費税の罠にはまらない、これしか危機をやり過ごす方法はない。

2020年2月26日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

 

« パンデミック大不況急襲か<本澤二郎の「日本の風景」(3605) | トップページ | 日本153億、天皇660億、韓国1兆円超<本澤二郎の「日本の風景」(3607) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンデミック大不況急襲か<本澤二郎の「日本の風景」(3605) | トップページ | 日本153億、天皇660億、韓国1兆円超<本澤二郎の「日本の風景」(3607) »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ