« 森雅子法相失格<本澤二郎の「日本の風景」(3585) | トップページ | 怖い作り話<本澤二郎の「日本の風景」(3588) »

2020年2月 7日 (金)

安倍・自公内閣と貧困化<本澤二郎の「日本の風景」(3587)

 

安倍・自公内閣と貧困化<本澤二郎の「日本の風景」(3587)

<江東区で兄弟が30キロ、20キロ台で骨と皮で餓死>

 昨夜午後7時のラジオニュースに耳を疑った。東京・台東区の集合住宅で、2019年12月24日に「異臭がする」という連絡に、警察が駆け付けると、60台と70台の兄弟が、骨と皮になって餓死していたという。

 

 1000万人の都民が、誰一人も手を差し伸べなかった。世界第三位の経済大国の貧困化の一端を暴露して余りあろう。一軒家ではない、集合住宅である。様子はわからないが、最期は水を飲んで数日を過ごしたのであろう。

 

 あまりにも痛々しい日本貧困化を象徴しているではないか。日本列島には、同じような極貧の家庭、家庭さえも持てなかった悲劇はいっぱいあるだろう。

 

 この7年の間に「貧困」という言葉が流行したが、ここまで落ち込んでいる極貧者の姿に、ひたすら驚愕するばかりである。これを極端な事例としてとらえるべきではない。安倍や小池の感想を聞いてみたいものである。東京五輪に浮かれる場面ではない。涙が出てくる。さぞや当人たちは無念であったろう。

 

<東京都・江東区・町内会・民生委員・隣人も、宗教・政党も見て見ぬふり>

 兄と弟は、誰が見ても生活保護世帯である。

 法の公正な恩恵を受ければ、まだ20年は生きられるだろう。当人たちはそうしなかった。なにか理由があったのだろうか。たとえそうだとしても、餓死する道を選ぶ必要はなかった。命は宝だ。そのために泥棒する人もいるが、そうしなかった。倫理観の強い教育を受けていたのかもしれない。

 

 行政が手を差し伸べるべきだ。差し伸べなければならない。しかし、東京都も江東区もそうしなかった。彼らは、日本で恵まれた役人生活を送ってきているのだが。

 

 確かに、行政のいい加減さを知り尽くしている日本人は多い。ならば、特別公務員である民生委員は、何をしていたのか。疑問が残る。名誉欲しさの民生委員は辞めてほしい。民生委員の対応いかんで生きられる人がいるが、ここでは違った。

 

 町内会もある。ここは神社の祭礼という場面での、不当な強制的寄付集めに熱中するようだが、貧困者の救済には見向きもしない。

 しからば、隣近所の隣人が一声かけて、救済の声を上げれば、行政も動かざるを得ないのだが、それもなかった。日本社会が根底から崩壊してしまっているのだ。

 

 ならば政党がどうか。宗教団体はどうなのか。手のかかる人命救済に対しては、逃げてしまうのであろう。25%支持で独裁政治を繰り広げている、自公政権である。

 創価学会などの教団も湯船に浸かって昼寝をしていて、貧者救済に力をかすことをしない。

 

<電気・ガスの滞納にも関係者はそっぽ>

 極貧者の社会へのメッセージは、電気やガス、水道の料金滞納である。兄弟は、ガスと電気を滞納していた。業者は察知していたが、当局に連絡しなかった。電気のない冷蔵庫には、サトイモが少しばかり入っていたという。

 

 10日ほど前、我が家ではサトイモを掘った。親芋はそれなりの大きさだが、子芋は少ない。親芋は食べないという土地柄だが、試しに煮て食べてみた。食べられるではないか。

 しかし、電気がガスがないと煮ることが出来ない。生では無理だ。

 

 水道も止められる寸前であったらしい。

 ということは、餓死する1週間ほどは、水道の水を飲んで過ごしていたのであろうか。この世を呪い、儚んでの餓死だったのか。血税で飲み食いするシンゾウにぜひ知らせたい。「サメの脳みそ」は、安倍4選を吹聴、五輪利権で満足しないらしいが、とんでもないことである。

 

<江東区の担当者は開き直り>

 江東区の福祉の担当者は、極貧の餓死事件に対して、反省も謝罪もしなかった。逆に開き直っていたという。

 人間の顔をした悪魔役人がいるという証拠であろう。

 

<安倍は毎夜グルメ三昧、1%財閥優遇500兆円、99%に10%大増税>

 安倍晋三は犯罪行為を次々と引き起こし、それでいて反省も責任も取らない。公明党創価学会が支援しているためだ。毎夜血税でグルメ三昧だ。1%財閥に対する優遇政策で、彼らは500兆円の山を築いた。

 そして99%には、10%の大増税で搾り取っている。搾取の先頭に立つ自公内閣で、この国は崩壊している!

2020年2月7日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

 

« 森雅子法相失格<本澤二郎の「日本の風景」(3585) | トップページ | 怖い作り話<本澤二郎の「日本の風景」(3588) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 森雅子法相失格<本澤二郎の「日本の風景」(3585) | トップページ | 怖い作り話<本澤二郎の「日本の風景」(3588) »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ