« 破憲・覇権は蛇道・邪道なり<本澤二郎の「日本の風景」(3583) | トップページ | 森雅子法相失格<本澤二郎の「日本の風景」(3585) »

2020年2月 4日 (火)

長州は国賊か<本澤二郎の「日本の風景」(3584)

 

長州は国賊か<本澤二郎の「日本の風景」(3584)

<桜・招待者800人もいて一人として真実明かせない非国民?>

 長州・山口県の田布施に生まれた大室寅之助を明治天皇に担いだ長州には、明治の軍閥・山県有朋、黒幕の政商・岩崎弥太郎(三菱)を、誰もが連想する。安倍晋三もその後裔という。軍服を着せれば山県か。

 その安倍が目下、心臓が止まりそうな場面だ。「安倍事務所が集めた桜の招待者は800人。一人として安倍の嘘を暴こうとする人物がいない。長州の人間は国賊そのものか」との怒りの声が、列島を覆っている。

 

 明治は、薩長の尊皇派が、国家神道と教育勅語で天皇を神に祭り上げることで、無数の若者を戦場に狩り出した。とどのつまりは、中国侵略で欧米列強と激突、2発の原爆投下で、日本は降伏した。1945年8月15日である。

 

 国賊・長州は、現時点でも国賊を演じて恥じない。

 

<安倍事務所は仲介ではなく企画募集の桜の主体>

 千葉県はやくざの県、木更津はやくざの街で有名である。15号台風で雲隠れした知事は、俳優崩れの無恥・無知・無責任の代表として、今も辞めようとしていない。それでも国賊というレベルには、まだ至っていない。

 

 それにしても800人の長州人は、一人として真実を明かそうとしていない。入れ墨やくざが脅迫して、沈黙を強いているのであろうか。

 

 東京のホテルニューオータニは、破格の値段で国賊を泊める場所なのか。ここからも、一人として内部告発する善良な人間が現れていない。これでは武漢市を笑うこともできないだろう。

 

 そもそもは安倍の意向を受けての、恒例の公金横領(財政法違反)事件である。現在、東京地検に告発されている。前代未聞だ。これを阻止するため、閣議決定で、黒川という悪党で有名な東京検事長の定年を延長した。この違法事件にも、告発の動きがあるという。

 

<一人一人がホテルの領収書受領はすり替えの大嘘>

 昨日は、貧者の一灯よろしく、北京へのマスク16セットを大きな段ボール箱に入れて、国際郵便で送った。重さ6キロ弱、二抱えもする大きさゆえか、送料6800円、結構な値段である。中身は20人ほどの市民が、毎日取り換えても数か月、つまりウイルスが消滅する5月か6月まで持つ勘定だ。

 

 民営化した郵便局のサービス・職員の対応は悪くない。ただし、担当者は「大混雑なので、いつ着くのかわからない」という。中国人が70万人もいる日本である。大半がマスクを送り続けているわけだから、対応が厳しいのであろう。

 しかし、必ず着くはずである。信じられる。

 

 午後4時前に散策、両親の墓前に手を合わせ、帰宅してラジオをつけた。国会放送中だ。野党の厳しい追及に、安倍の大嘘答弁にイラつく。

 そのはずで、安倍事務所は仲介しただけで、5000円の支払いは、個々の参加者がホテルから領収書を受領している、という安倍のすり替えの大嘘答弁を何度も。

 

<野党追及は飼い猫のジャレ質問>

 安倍と野党議員のやり取りを聞いていて、ふと思ってしまった。

 安倍が用意した毛ばりを知っていて、それにかみつき、質問時間ギリギリまで、そのことに終始している。「これって飼い猫が、飼い主の毛ばりにジャレている。そっくりだ」という天からのささやきが聞こえてきた。

 

 昔は、貧農の家にはネズミが天井裏に住みついて、暴れまくっていた。天敵は猫である。猫は寒い布団に潜り込んで、暖の役目も果たしてくれた。その猫と戯れるのは簡単だった。ジャレてくれるのだ。失礼ながら、野党質問に対する酷評である。

 

<審議中断で関係者を国会招致、なぜしない、毒饅頭か>

 真っ当な国民の代表者であれば、首相の大嘘答弁に対して、審議を中断させる。安倍事務所やホテルのトップを国会招致する。

 政府与党は反対できない。予算案が人質になるからだ。

 

 こうした、当たり前の国会質疑をなぜしないのか。安倍というストロング・ナショナリストは、無恥の独裁者である。ゆえに公金の横領を毎年繰り返してきた。妻の昭恵も、である。

 

 疑惑隠しは、官邸と平河町からの、毒入り饅頭のお陰なのか。毒饅頭でお腹が膨らんでいるのは、公明党議員だけではあるまい。

 

 話にならない野党である。

2020年2月4日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

 

 

« 破憲・覇権は蛇道・邪道なり<本澤二郎の「日本の風景」(3583) | トップページ | 森雅子法相失格<本澤二郎の「日本の風景」(3585) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 破憲・覇権は蛇道・邪道なり<本澤二郎の「日本の風景」(3583) | トップページ | 森雅子法相失格<本澤二郎の「日本の風景」(3585) »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ