« 公の裏切り<本澤二郎の「日本の風景」(3328) | トップページ | 病んでしまった鬱の日本<本澤二郎の「日本の風景」(3330) »

2019年5月29日 (水)

166億円の収支<本澤二郎の「日本の風景」(3329)

 

166億円の収支<本澤二郎の「日本の風景」(3329)

<死の商人丸出しのトランプ大統領>

 皇位継承費166億円の一部も支出したであろう、国賓トランプの収支が判明した。国賓とは名ばかりのワシントン「死の商人」は、一連の行事の締めくくりの場面で、やはり本領を発揮してアベら右翼の日本人を感動させ、むろんのこと本人も大満足してエアーフォースワンの人となって、昨日午後、羽田国際空港から帰国の途に着いた。皇室活動では、政教分離に厳しい目を向ける皇后と秋篠宮が光った。原始宗教の祭祀をやめて、アベの外遊に代わって世界を飛んではどうか。雅子さんにお似合いだ。

F35を105機調達のアベ日本会議内閣を世界一と絶賛>

 アベとトランプの5月28日は、小泉純一郎の地元・横須賀で日米の艦船に乗り組んで、好戦派らしい行動と演説で、お互い興奮してすごした。その日に川崎市で悲惨な事件が起きていたが、犯人に宗教的な絡みがなかったのかどうか。

 

 それにしても、なぜ自衛艦「かが」に乗船したのか。理由は空母「出雲」の二隻目の空母化が決まっていたのだ。知らなかった。恐ろしい速度で戦争する日本へと自公内閣は舵を切っていたのである。

 この空母の艦載機が、米国の最新鋭のステルス戦闘機F35Bである。いまや欠陥機で有名なのだが、トランプは「日本はF35を105機調達する。これは同盟国で一番だ」と絶賛した。

 憲法に違反する攻撃機105機の値段は、1兆円を軽く超えるのだが、アベは茂原のゴルフ場で「しっかりと確約した」のであろう。そのことをトランプは公然と世界に発信した。実は、中国向けに、といっていい。

<ワシントンの鷲=武力威嚇の平和=令和か>

 一度取材で、ワシントンのホワイトハウス前を見学したことがある。そこで平和運動家のおばさんから「Peace」と絵具で描かれた、小さな石を1ドルで買った。大事に玄関に置いてあるのだが、米国の平和運動家にとって、ホワイトハウスは、時に戦争屋・死の商人の出先機関なのだ。

 アメリカのシンボルである鷲は、鳩を食い殺す獰猛な鳥である。

 トランプは、素朴にも、武器の威嚇による平和を、日米の海軍兵士に向かって吠えた。日米艦船で中国を抑え込むというのである。これは日本国憲法が、憲法前文で日本政府に禁じているが、日米の戦争屋には通用しなかった。

 勘ぐると、令和の真意がどこにあるのかが、見えてくるだろう。令和とは軍事力による平和構築ということなのだ。令に美しさ・寛容さはない。命令であろう。新聞も議会も沈黙しているのが危険きわまりない。

<おまけは参院選後に広島級の爆弾投下を公約>

 ゴルフ場でのやり取りの、もう一つの重大な件は貿易不均衡問題である。そこでアベは、近く強行する衆参同時選挙のことで、トランプに哀願した。「頼むから8月の選挙後にしてほしい」「わかった。そのかわりに米国の農業・牛肉業者を満足させるよ。いいなッ」

 

 事情通は、広島級の爆弾投下に匹敵するものになろう、と分析している。

 日本の農業団体・酪農団体がパニックに陥るような事態を、トランプ自身が共同会見で暴露、アベに釘を刺したのだ。アベの心臓が止まりそうな、唯一の場面だった。

<中国と北朝鮮脅威論の偉大なアベ成果>

 トランプとアベの進軍ラッパに対して、多くの国民は真っ青である。5・3の憲法集会には、6万5000人が東京の会場を埋めた。平和を願う国民は、むろんのこと圧倒的である。新聞テレビが真っ当であればだが、不幸にして現在は、財閥と右翼に屈してしまったマスコミだ。

 

 そうして6年有余の中国と北朝鮮脅威論を喧伝させてきた政治的効果は、これまた絶大である。拉致問題の効果は少なくない。

 

 現在の日本は、多くが貧困大国化におびえて生活している。年金の支給年齢はぐんぐん引き上げられている。戦争屋は民意を軽視している。超軍拡路線は、9条解体狙いでもある。

 

 6年間の脅威論で一部の国民の精神は壊れてしまっている。そのことが超軍拡を可能にさせているのであろうが、事実は誠に恐ろしい事態なのだ。

<それでも枝野の野党バラバラで壊滅へ>

 重大なことは、それでも同時選を目前にして、打つ手なしの野党の体たらくである。野党第一党の枝野はA級戦犯になろうとしている点である。

 

 何度も指摘しているが、この人物の感度には閉口するばかりだ。平和を欲する国民をイラつかせている。壊滅的敗北を予見できないのか。

 

 166億円の効果でもあろうが、なんとも情けない。野党がバラバラでは、自公の3分の2確保は確実であろう。アベの心臓を止めることはできない。

 歴史を知らない世代、歴史を教えない教育が、アベを支援してしまっていることでもある。

2019年5月29日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

 

 

« 公の裏切り<本澤二郎の「日本の風景」(3328) | トップページ | 病んでしまった鬱の日本<本澤二郎の「日本の風景」(3330) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 公の裏切り<本澤二郎の「日本の風景」(3328) | トップページ | 病んでしまった鬱の日本<本澤二郎の「日本の風景」(3330) »

2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ