« 血税166億円始動<本澤二郎の「日本の風景」(3266) | トップページ | 2019年危機(1) »

2019年3月27日 (水)

われ権力に屈せず<本澤二郎の「日本の風景」(3267)

本澤二郎の「日本の風景」(3267)
<心機一転、われ権力に屈せず>
言論の弾圧は、日常茶飯事である。これまでも何度も経験しているが、昨日は数千人かそれ以上の読者に対して、いつもの「ジャーナリスト同盟」通信を発信することができなかった。
ライブドアが横やりを入れてきたのだ。悪しき権力が、ライブドアに圧力をかけてきたのである。思うに、これはよくあることであろう。極右・国家主義の政権は、言論の自由を守らない。憲法を守らない。しかし、それに反骨のジャーナリストが屈してはならない。心機一転、2019年3月27日から、存外、すっきりとした気分で、パソコンのキーをたたいている。
われは海の子ではない。ジャーナリストである。
<宇都宮徳馬さんが笑っている>
恩師の宇都宮徳馬さんが笑っているではないか。「君もそこまで来たのか」と楽しそうな笑顔が見える。師弟とは、そもそもこのようなものであろう。ジタバタしても始まらない。
言論人・政治家・事業家と三足の草鞋を履きながら、A級戦犯の岸信介と戦い続けて、生涯を終えた。戦闘的リベラリスト・平和軍縮の巨頭という、だれもがなしえなかった無冠の地位を手にした。
大臣という名誉を昂然と放棄した自由人として生きた。彼の遺言は「権力に屈するな」である。昨日もその言葉が、耳に飛び込んできた。心すっきりである。
<衝撃の2019年3月26日>
とはいえ、昨日襲ってきたライブドアの姑息な仕打ちに対して、かなりの衝撃を受けたことは、間違いのない事実である。彼らは悪しき権力者の要望に応えたわけだから、その成果を誇ってしかるべきだろう?
不意を突いた言論弾圧ではあるが、当方はネットに素人だから、プロにとって容易なことであろう。
記事の挿入を止めてきたのだ。対抗策などあろうはずがない。

 

同日の房総半島は、小雨と曇りだったが、夕刻から日が差してきた。
息子が久しぶり来訪、代わりのブログを立ち上げてくれた。
まもなく桜の季節がやってくる。専業農家のSさんにいただいた「春一番」という樹木から、美しい可憐な桃色の花が咲いている。そばにある梅林には、玉蘭が満開である。窓際の畑には、菜の花が、これまた元気よく咲いている。
犯罪首相・腐敗した権力に屈してはならない当方激励してくれているようだ。
<消えた「ジャーナリスト同盟」通信>
もう10年以上になるだろう。3265回で止められてしまった「ジャーナリスト同盟」通信である。
日中国交回復時に、日中友好派の新聞記者が立ち上げたもので、歴史は古い。時事通信の長沼節夫さんが、一人で支えてきていた。彼の依頼で政治講演、その縁でネット新聞に切り替えた。
そうして10年の歴史を刻んできた。
むしろライブドアに感謝せねばなるまい。
<ゼロからのスタート>
2019年3月27日からは、ゼロからのスタートとなる。
天気はいい。東方からの太陽は、清浄で輝いている。田布施とは違う。
雑草で覆われていた我が家の庭も、おおむね開墾に目途がついてきた。
いまこの文章を見てくれる読者は数人だろうが、再び数千人、数万人に膨れ上がるだろう。権力者の圧政は、いつの時代、どこでも起きているからである。
「人民のために」という原点で書く。日本国憲法を基礎にして書く。これが反骨のジャーナリストの使命であろう。
<心臓に突き刺さった言論>
戦後最低・最悪の極右政権に対して、日本の言論人は屈服してしまった。ならば一人でも抵抗しなければならない。
その思いが、心臓に突き刺さったものであろう。
心臓に突き刺さった矢は、さぞかし痛かったのだろう。
しかし、言論には言論で、が近世の政治ルールである。言論戦が21世紀の約束事である。
<国家主義に屈せず>
はっきりしていることは、日本は国家主義を太平洋に沈めた。1945年8月15日に国家主義と縁を切った。
宇都宮さんは、そのために岸・国家主義と対決、屈しなかった。
筆者は、第二の国家主義者で知られる中曽根康弘との戦いに屈しなかった。中曽根批判の出版社はつぶされ、大学のポストを奪われるなど糧道を絶たれたが、屈しなかった。
<清和会に屈せず>
岸の国家主義は、中曽根を経由して、今の安倍晋三に継承されている。清和会政治である。戦前の国家神道と財閥1%の、悪しき国家主義の政権である。
そこで教育基本法が改悪、次いで戦争法制が次々と強行され、いよいよ本丸の平和憲法に襲い掛かろうとしている2019年である。
国家主義にも、清和会にも屈しない。
2019ねん3月27日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

本澤二郎の「日本の風景」(3267)
<心機一転、われ権力に屈せず>
言論の弾圧は、日常茶飯事である。これまでも何度も経験しているが、昨日は数千人かそれ以上の読者に対して、いつもの「ジャーナリスト同盟」通信を発信することができなかった。
ライブドアが横やりを入れてきたのだ。悪しき権力が、ライブドアに圧力をかけてきたのである。思うに、これはよくあることであろう。極右・国家主義の政権は、言論の自由を守らない。憲法を守らない。しかし、それに反骨のジャーナリストが屈してはならない。心機一転、2019年3月27日から、存外、すっきりとした気分で、パソコンのキーをたたいている。
われは海の子ではない。ジャーナリストである。
<宇都宮徳馬さんが笑っている>
恩師の宇都宮徳馬さんが笑っているではないか。「君もそこまで来たのか」と楽しそうな笑顔が見える。師弟とは、そもそもこのようなものであろう。ジタバタしても始まらない。
言論人・政治家・事業家と三足の草鞋を履きながら、A級戦犯の岸信介と戦い続けて、生涯を終えた。戦闘的リベラリスト・平和軍縮の巨頭という、だれもがなしえなかった無冠の地位を手にした。
大臣という名誉を昂然と放棄した自由人として生きた。彼の遺言は「権力に屈するな」である。昨日もその言葉が、耳に飛び込んできた。心すっきりである。
<衝撃の2019年3月26日>
とはいえ、昨日襲ってきたライブドアの姑息な仕打ちに対して、かなりの衝撃を受けたことは、間違いのない事実である。彼らは悪しき権力者の要望に応えたわけだから、その成果を誇ってしかるべきだろう?
不意を突いた言論弾圧ではあるが、当方はネットに素人だから、プロにとって容易なことであろう。
記事の挿入を止めてきたのだ。対抗策などあろうはずがない。

 

同日の房総半島は、小雨と曇りだったが、夕刻から日が差してきた。
息子が久しぶり来訪、代わりのブログを立ち上げてくれた。
まもなく桜の季節がやってくる。専業農家のSさんにいただいた「春一番」という樹木から、美しい可憐な桃色の花が咲いている。そばにある梅林には、玉蘭が満開である。窓際の畑には、菜の花が、これまた元気よく咲いている。
犯罪首相・腐敗した権力に屈してはならない当方激励してくれているようだ。
<消えた「ジャーナリスト同盟」通信>
もう10年以上になるだろう。3265回で止められてしまった「ジャーナリスト同盟」通信である。
日中国交回復時に、日中友好派の新聞記者が立ち上げたもので、歴史は古い。時事通信の長沼節夫さんが、一人で支えてきていた。彼の依頼で政治講演、その縁でネット新聞に切り替えた。
そうして10年の歴史を刻んできた。
むしろライブドアに感謝せねばなるまい。
<ゼロからのスタート>
2019年3月27日からは、ゼロからのスタートとなる。
天気はいい。東方からの太陽は、清浄で輝いている。田布施とは違う。
雑草で覆われていた我が家の庭も、おおむね開墾に目途がついてきた。
いまこの文章を見てくれる読者は数人だろうが、再び数千人、数万人に膨れ上がるだろう。権力者の圧政は、いつの時代、どこでも起きているからである。
「人民のために」という原点で書く。日本国憲法を基礎にして書く。これが反骨のジャーナリストの使命であろう。
<心臓に突き刺さった言論>
戦後最低・最悪の極右政権に対して、日本の言論人は屈服してしまった。ならば一人でも抵抗しなければならない。
その思いが、心臓に突き刺さったものであろう。
心臓に突き刺さった矢は、さぞかし痛かったのだろう。
しかし、言論には言論で、が近世の政治ルールである。言論戦が21世紀の約束事である。
<国家主義に屈せず>
はっきりしていることは、日本は国家主義を太平洋に沈めた。1945年8月15日に国家主義と縁を切った。
宇都宮さんは、そのために岸・国家主義と対決、屈しなかった。
筆者は、第二の国家主義者で知られる中曽根康弘との戦いに屈しなかった。中曽根批判の出版社はつぶされ、大学のポストを奪われるなど糧道を絶たれたが、屈しなかった。
<清和会に屈せず>
岸の国家主義は、中曽根を経由して、今の安倍晋三に継承されている。清和会政治である。戦前の国家神道と財閥1%の、悪しき国家主義の政権である。
そこで教育基本法が改悪、次いで戦争法制が次々と強行され、いよいよ本丸の平和憲法に襲い掛かろうとしている2019年である。
国家主義にも、清和会にも屈しない。
2019ねん3月27日記(東京タイムズ元政治部長・政治評論家・日本記者クラブ会員)

« 血税166億円始動<本澤二郎の「日本の風景」(3266) | トップページ | 2019年危機(1) »

言論弾圧事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 血税166億円始動<本澤二郎の「日本の風景」(3266) | トップページ | 2019年危機(1) »

2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ